審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードに関しては毎年様々な関連統計が出ているのですが、統計を見てみると、審査への影響などがわかってくることがあるので、クレジットカードの審査に落ちた経験がある方は、統計をぜひ参考にしてもらいたいと思います。



今日見てもらいたいのは、クレジットカード契約数の統計です。



一応、表にもしておきます↓


対象社数

契約数

前年比

平成25年(2013)

309

23,502

-

平成26年(2014)

300

23,755

1.1

平成27年(2015)

294

24,040

1.2

平成28年(2016)

289

24,619

2.4




この統計は、過去4年間の契約数の変移を表しています。表を見てもわかるように、4年連続でクレジットカードの契約数は増えています。今や、クレジットカードは生活に欠かせないアイテムになってきているわけです。今後、同じような傾向が続くはずです。





契約数増加の理由を推測


契約数が増加し続けているのは、実は筆者にとって少し意外でした。今や、クレジットカード所有者は8割を超えると言われているので、飽和状態になってきているのではないか、と囁かれてきたためです。事実、各社が様々なキャンペーンを実施するなどして獲得に必死になっているのが現状です。しかし、先の統計によってイメージは見事に覆されたのです。



カード契約者増加の一因は電子マネーだった??



契約数が増えている背景には、ネットショッピングの普及やキャッシュレス化を望む層が増えたことが挙げられますが、意外と大きな一因になっているのが、電子マネーの利用増加だと感じています。2016年に電子マネー決済が初めて5兆円を超えたと言われており、今や、電子マネーはクレジットカードの利用に取って代わるような存在になりつつあります。



電子マネー未経験者は、店頭などで現金でチャージするイメージが強いかもしれませんが、クレジットカードでチャージすることが可能なため、クレジットカードがあればチャージの手間を省け、まさしくキャッシュレス生活を実現できます。電子マネーは利便性が非常に高いのです。



チャージすることでポイントが貯まるクレジットカードも多く、現金でチャージするよりもむしろオトクなシーンが増えてきています。また、チャージと利用でどちらもポイントを獲得できる=ポイントの二重とりが可能なクレジットカードもあったりしますので、現金払いよりも圧倒的にお得になってきています。



電子マネーは、プリペイド型(前払い)とポストペイ型の2つに大きく分けられます。iDやQUICpayに代表されるようなポストペイ型(後払い)電子マネーは、そもそもチャージの必要がないですが、クレジットカードに付帯もしくは紐付けする必要があるため、クレジットカードを持っていることが利用の条件となってきます。そこで、ポストペイ型電子マネーの利用を考えていた層のクレジットカードの申込件数が増え(もちろんプリペイド型も)、契約数増加につながったと考えることができます。





注目すべきは対象社数


統計で注目したいのは、対象社数が減っているのに契約数が増えているという点です。対象となるクレジットカード発行会社を2013年には309社としていたのに対し、2016年には289社(20社減)と数を減らして、調査したのにも関わらず、相変わらず、契約数が増加していることになります。



対象社数を減らしたことで、ある程度は契約数の伸び率も下がる可能性さえあったわけなのに、それでも契約数を伸ばしているのです。



ということは、つまり・・??





審査は厳正だが甘い傾向にある


これは筆者の推測でしかないのですが、クレジットカードの審査は、近年、甘い傾向にあると感じています。クレジットカードがないと困る、そんな世の中になってきているのは否定できません。



例えば、オンラインショッピングは代引き手数料がかかる、そもそも、クレジットカード決済のみ対応、というところも出てきていたりして、クレジットカード決済のほうがメリットとなる事例が増えてきています。カード決済ができないとお客様が減ってしまう、そう危惧するお店が増えてきているのも現状です。



行政もクレジットカード決済に関して積極的になっています。例えば、Yahoo!公的支払いを利用すれば、住民税をはじめ、国民健康保険料、自動車税だって支払うことができます。今は利用できる地域は限られていますが、今後拡大する可能性は大いにあります。税金をクレジットカード決済しても利用分に対してポイントが貯まるので、考え方によってはクレジットカードがあれば節税ができるわけです。



カード発行会社は契約者獲得に必死



カード発行会社は、契約数の獲得増加が利益増加につながりますし、還元率を維持or高くするためには契約数を伸ばさなければいけませんので、より多くの契約数を確保するために審査難易度を下げざるを得ない状況となっているのは確かです。





SNSを見れば驚きのツイートも


SNSを見てみると、審査が甘くなってきているのをさらに顕著に感じとることができます。私が感じたことをコメントに残しておきますので、みてみてください。




「クレジットカード 通った」で検索



近年の審査の傾向をそのまま反映している感じがします。外国人はクレジットカードを作るのが大変そうなイメージがあるかもしれませんが、実は外国人でも在留カードや特別永住者証明書などがあれば、作れます。以前、「クレジットカード50券種の入会資格を比較」という記事で書きましたが、移住地を日本国内に限定しているのは50件中9件しかありませんでしたので、海外にいる日本人でも日本のカード会社のクレジットカードを作れる可能性があるなど、裾野は広がってきています。






最近は審査に時間をかけないカード発行会社が増えている印象があります。「最短○○分審査!」とカードローン会社のように謳っているわけではないですが、5分というとカードローン会社よりも審査が早いので、本当に審査をしているのか疑いたくなります。審査が全くないわけではないのですが、審査は簡易的に行い、審査時間を短縮しているものと思われます。






収入はそこまで大きな審査材料にはならないという典型例ですね。収入を含めた属性で審査の可否を判断するのです。推測ですが、この学生さんは実家暮らしなのではないでしょうか。実家暮らしであれば、返済能力のある親御さんがいて、支払いの延滞の可能性が低いと判断されやすいです。一方で収入が低くても、安定した収入があったり、長い勤続年数、長い住居期間といったプラスになる材料を持っていれば、審査に通る可能性は十分にあります。






一般的に銀行系は審査が厳しい傾向にありますので、そこに通ったということは属性に問題がなかったと捉えていいのではないでしょうか。初審査ということで過去に申込んだ記録もないようですので、タイミングはあまり関係ないかと思います。しかし、若いうちにクレジットカードを作っておいて利用実績を積み重ねたほうが、カード発行会社側からすると判断材料が多くなり、審査しやすいかもしれません。






生活保護の方がクレジットカードを作ってはいけないという定めはないですが、一般的に生活保護を受けていることがわかると、カード発行会社は審査で落とす可能性が高いはずです。どのような形で申込んだかまではわかりませんが、無職でも個人事業主として届け出たりすれば、審査に通る可能性はあるかもしれません。あくまで推測ですが...。





「クレジットカード 作った」で検索



今や、インターネットショッピングにおいてカード決済ができないのはデメリットでしかありません。中にはカード決済以外不可というショップもあったりしますので、クレジットカードが作れて本当によかったですね!使いすぎないようにするには、専用のアプリで履歴を随時確認したり、利用額の上限を引き下げるといいです。






過去にクレカの滞納等のトラブルを巻き起こすと、審査に悪影響を及ぼします。延滞解消日から1〜5年間は信用情報に記録が残りますので、その後であれば、審査は通常どおり行われます。学生の時ということなので、その後、定職に就き、記録が消えたのちに申し込んで審査に通ったという形になったのでしょう。それにしても、5分で審査に通ったという点から、審査は簡易的だったことが伺えます。






収入は昨年のものを記入したのでは?それであれば、審査に通る可能性はあります。辞めてからでも作れる事実を確認できましたので、必ずしも今、定職に就いている必要はないことがわかります。“30歳までクレカ履歴なしだったら弾かれそう”とありますが、実際にありえます。クレヒス(クレジットカードヒストリー)とよばれる今までのクレジットカード利用履歴をまとめたものがあり、履歴が多ければ実績があるとみなされ、審査が良い方向に影響する可能性があります。





今作らないでいつ作るの?!



クレジットカードの申込にお金はかかりません。唯一、費用がかかるのは、年会費ぐらいではないでしょうか。それも最近は、年会費無料でかつ高還元率のカードが増えてきていますので、ほとんど気にすることはなくなりました。クレジットカードが欲しいと思っている方は、「審査が甘いクレジットカードを紹介」を参考に、ご自身の条件に合ったものを実際に申し込んでみましょう。



審査に通るか不安な方は、1.一度に複数申し込まないこと、2.キャッシングを利用しない場合はキャッシング枠を設定しないこと、3.限度額を設定できる場合は低く設定すること、これらの点に注意すると、審査に通りやすくなる可能性があります。年収は10〜20万円程度の誤差であれば、色付けしても問題ないです。



クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、申し込んだ日から半年の期間を空けて申し込むようにしてください。審査に落ちてから半年以内だと信用情報機関に記録が残っていますので、再度、審査に落ちる可能性があります。この点だけ覚えておきましょう。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて