審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


「ブラックじゃないのにクレジットカードの審査に落ちてしまうのは何故ですか?」これは筆者のもとによく寄せられる相談の一つです。ブラックリストに入ると審査で弾かれやすくなるのは容易に想像できますが、ブラックじゃない=ノンブラックで審査に落ちてしまうのは、たしかに納得できない部分がありますよね。



しかし、クレジットカード会社は厳正な審査を行っていますので、決してデタラメな審査結果を出しているわけではありません。つまり、ノンブラックで審査に落ちた場合でも、審査に落ちる何らかの原因があった、と考えなければならないのです。では、ノンブラックで審査に落ちた理由や対策を見てみることにしましょう。





まず疑うべきは本当にノンブラックなのか否か


「私はブラックじゃない」と自負する多くの方は、自分で勝手にブラックではないと決めつけていることが多いです。現在借金中だ、借金を踏み倒した、などの記憶がなければ、そう思うのも無理ありません。しかし、身近なことでブラックリスト入りしてしまう可能性があるので、その点は注意しなければなりません。



ブラックリストに入ると新規にクレジットカードを作るのが難しくなるのはもちろんのこと、様々なローン契約の審査にも悪影響を及ぼし、今後の生活に支障をきたす可能性が出てきます。そうならないためにも、自分がブラックなのかどうかをまず疑うことからはじめましょう。




こんな人はブラックの可能性が高い


では、どういった人がブラックリスト入りしている可能性が高いのでしょう?ブラックリスト入りの可能性が非常に高いのは、過去に金融事故を起こした方です。



例えば、61日以上または3ヶ月以上返済が遅れた場合、信用情報機関に「異動」と記録されるので、この場合、ブラックリスト入りの可能性が非常に高くなります。延滞が長期に渡り続き、その結果として貸倒(回収不能)になるとブラックリスト入りは確実といえます。



割賦契約の携帯料金の返済遅れは信用情報を傷つける



延滞は意外と身近な話です。昨今、スマホ端末の高騰により、月々の基本使用料に、分割した端末代を加えて返済する契約が主流になっています。その契約の中で、端末代を分割返済する「割賦販売契約」が含まれています。これがクレジット契約の一種となり、携帯料金の返済を遅れる=分割した端末代の返済が遅れることになり、クレジット情報に傷をつけることになるのです。長期に渡り、延滞が続くと、ブラックリスト入りする可能性が高くなります。



信販/カード会社、消費者金融からの借入は評価を大きく下げる



今現在、「借入」がある方は特に注意が必要です。借入は基本的に審査での評価を下げる要因になります。「スコアリングシステムの点数配分」によれば、信販・カード会社や消費者金融から借入がある場合、たった10万円でも大きく評価を下げることになります。銀行から400万円借り入れるよりも信販・カード会社、消費者金融から10万円借り入れたほうが評価が低くなるので、信販・カード会社、消費者金融からはなるべく借入しないようにしましょう。ただし、完済していれば問題ありません。





情報開示でブラックか否かを確認


ブラックか否か調べる方法に「情報開示」があります。これは、CICやJICCといった信用情報機関に対し、現在のクレジット契約等に関する信用情報を開示できるサービスで、返送される「開示報告書」を見ると、ブラックか否か確認することができます。



CICの開示報告書の場合、「入金状況」「返済状況」をチェックしましょう。



入金状況が[$]以外は黄色信号



入金状況は、直近24ヶ月のクレジット会社等への入金状況を記したもので、「$」と記載されてあれば、問題なく返済ができている証拠となります。これが「P(請求額の一部が入金された)」「R(請求額の一部が入金された)」「A(お約束の日までに入金がなかった)」などと記載されていると、ブラックリスト入りの可能性が高くなります。



返済状況が[異動]の場合は赤信号



返済状況は、「異動」と記載されているとブラックリスト入りの可能性が非常に高くなります。先述したように、異動は61日以上または3ヶ月以上返済が遅れたことを表す用語で、返済が計画的に行われていないことを証明し、返済能力に欠けると判断できるため、審査の合否を分ける判断材料となる項目です。



他にも、終了状況という項目で「貸倒」「法定免責」といった記載があるとブラックリスト入りの可能性が非常に高くなります。


逆にこれらの項目で特に問題のある記載がなければ、ノンブラックだと判断できます。



参照:開示報告書の読み取り方





ノンブラックなのに審査に落ちる意外な理由と対策


情報開示の結果、ノンブラックであることがわかってもクレジットカードの審査に落ちる可能性はあります。中には、ちょっとしたミスで審査に落ちてしまうパターンがあるで、審査に落ちる理由と対策方法について見ていくことにしましょう。




多重申込してしまった


よくあるのが多重申込です。多重申込とは、一度に複数社のクレジットカードに申し込むことです。一般的に、多重申込はカード会社から嫌われています。一度に複数社のクレジットカードに申し込む=お金に困っているor返済能力以上に利用される可能性がある、などと判断されてしまうためです。



クレジットカードには与信枠と呼ばれるものがあり、一個人が利用できる限度額がある程度決められています。多重申込すると、与信枠を使い果たしてしまう可能性があることから審査落ちの原因となってしまいます。



「なぜ多重申込したのがわかるの?」と疑問に思うかもしれませんが、クレジットカードに申し込んだ事実は信用情報機関に記録されますので、カード会社は簡単に調べることができるのです。



カードの申し込みは基本的に基本的に1社に絞るのが賢明



多重申込の対策は、なるべく1社に絞って申し込みをすることです。中には2〜3社一緒に申し込んで審査に通った方もいますが、1社に絞ったほうがより確実です。そのためには、より自分にあったクレジットカードを選ぶ必要があります。





本人確認がとれなかった


クレジットカードの発行にあたり、本人確認が必要になります。運転免許証ならそれだけで、運転免許証がない場合はパスポート・健康保険証・住民票の写しを本人確認書類として利用することができます。



本人確認がとれないパターンとして、運転免許証の住所が現住所と異なる、結婚or離婚により名字が変更したが変更されていない、などが一例として挙げられます。本人確認は、本人で“ありそう”ではダメで、確実に本人で“あること”を証明しなければなりません。



また、電話番号を間違って申告してしまった場合も注意が必要です。携帯電話に本人確認の電話をかけてくる場合があったり、勤務先に在籍確認をとる場合がありますので、電話番号は正しく申告しなければなりません。



本人確認書類の現住所が異なる場合は各種領収書でも可



本人確認の対策は、現住所or現姓に速やかに変更することです。ただし、本人確認書類の現住所が異なる場合は、公共料金の領収書や社会保険料の領収書、国税・地方税の納税証明書で代用することが可能な場合もありますので、申込前にご確認ください。





勤続年数がまだ浅かった


「新入社員はクレジットカードの審査に落ちる」とよく言われます。これは、勤続年数が浅く、安定した収入を得られておらず、返済能力に欠けると判断されるためです。年収が把握できないと返済能力の有無を判断できないため、勤続年数が半年未満だと厳しい審査結果をもらう可能性が高いです。勤続年数が半年以上になると、ある程度、年収が把握できてくると言われています。



勤続年数を最低半年構築してからが申し込むのがベター



勤続年数の対策は、最低でも半年以上の勤続年数を構築してから申し込みをすることです。勤続年数が2〜3年以上になってくれば、審査でプラスになってきます。勤続年数は、5年、10年、15年と長くなればなるほど、評価が高くなります。





雇用形態に問題があった


雇用形態は、公務員、正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト、個人事業主が主な区分です。働いていない場合は、専業主婦、年金受給者、その他などを選択します。



スコアリングシステムの点数配分」によれば、最も評価が高いのは公務員で、次いで会社員(正社員)→契約社員→派遣社員→個人事業主→パート→その他→アルバイト→年金受給者→主婦の順で評価されていました。主婦は、収入がないので評価が最も低くなるのは当然です。



正直なところ、パート以下は審査はより厳しめになります。しかし、審査に通らないわけではありません。専業主婦は夫の属性次第、年金受給者は同一生計者の属性次第では審査に通る可能性がありますし、アルバイトをしている学生でもクレジットカードは持てるので、雇用形態にそこまで不安を抱かなくても大丈夫です。



雇用形態は対策方法がないので正直に申告すべし



雇用形態は対策のしようがありません。正直に申告するのがベストです。長い目で見れば、契約社員の方は正社員に昇格できるように勤続年数を構築させる、といったことが大事になってくるでしょう。より良い雇用形態に昇格できるように勤しんでいきましょう。





収入が最低ラインに達しなかった


収入だけが審査合否の判断材料になるわけではありませんが、未だ重視されているのは事実です。例えば、ゴールドカードの場合、入会資格を年収250万円以上と明確に定めているカードがあったりします。この場合、年収250万円を下回る方は審査落ち濃厚です。



しかしながら、明確に年収の最低ラインを明記しているカードはごく少数です。一般カードの場合は、基本的に年収の最低ラインは明記されていません。しかし、パートやアルバイトでも気軽にクレジットカードを持てる時代なので、年収100万台からでも審査に受かる可能性は十分にあります。



年収は5万円程度であれば色付けしてもOK



収入の対策は、気にせず正直に申告するのみですが、年収195万円を年収200万円と5万円程度色付けするぐらいなら問題ありません。学生や主婦であってもクレジットカードは持てる時代なので、年収を気にするよりも属性を気にしたほうがいいです。例えば、契約社員は正社員に昇格できるように努力したり、勤続年数が浅い場合はある程度構築されるまで待つ、学生は寮生活をやめて実家で暮らす、といった対策ができるでしょう。





キャッシングの審査で弾かれてしまった


クレジットカードは、キャッシング(借入サービス)を付帯させることができますが、キャッシング枠を設けるには、クレジットの審査とはまた別に審査をする必要が出てきます。クレジットの審査には通過したのに、キャッシングの審査で弾かれてしまったという事例はよくあります。



ただ、この場合、キャッシングを付帯せずにクレジットカードを発行するパターンが多くなるので、キャッシングの審査に落ちても通常はクレジットカードを持つことができます。



キャッシングを付帯しないほうが審査はスムーズ



しかし、キャッシングを付帯させることで審査にかかる時間が長くなるのは事実なので、スムーズに審査に通過したいのであれば、カード申込時にキャッシング枠を設けないのが効果的な対策になってきます。





スーパーホワイトの可能性も疑うべき


ノンブラックなのにクレジットカードが作れない方のもう一つのパターンとして考えられるのが、「スーパーホワイト」であることです。スーパーホワイトは、簡単に説明すると、これまでクレジットカードやローンを一切利用したことがない状態を指します。



意味がわかると、「事故情報がないなら審査に影響はないのでは?」と多くの方が思われるのですが、クレジットカードやローンを利用した実績が全くない方=クレジットヒストリー(信用や実績)がなく返済能力の判断ができない、と見なされ、意外と厳しい審査結果をもらう傾向があります。



30歳を超えてスーパーホワイトだと厳しい審査結果になる傾向



特に注意したいのが、30歳を過ぎてもクレジットカードやローンを一切利用したことがない場合です。一般的に、20代のうちにクレジットカードの必要性を感じ、また、人によっては車や住宅のローン契約をする方も出てきますので、30歳になるまでにある程度クレジットヒストリーを構築できるものと考えられています。



しかし、30歳を過ぎてクレジットカードやローンを一切利用したことがないからと言って、必ずしも審査に落ちてしまうわけではありません。ほとんどのクレジットカードは、「(高校生を除く)18歳以上で安定した収入があること」を入会資格としていますので、基本的にはこの資格をクリアしていて、事故情報などなければ、一般カードの審査に受かる可能性は十分にあります。




スーパーホワイトからの脱出方法


より確実に審査を通過するためには、やはり、スーパーホワイトであることは逃れたいものです。スーパーホワイトから最短で脱出するためには、ローン契約をするのがおすすめです。自動車ローンや住宅ローンではなく、もっと手軽なローン契約を利用しましょう。




脱出方法1:携帯電話の端末代金を分割払いする

1つ目は、「携帯電話」の分割払い(割賦契約)をすること。スマホ端末の価格高騰により、一括購入する方は減ってきています。そこで、割賦契約が主流になってきていますが、割賦契約はローン契約の一種となりますので、クレジットヒストリーを構築できます。一定の審査がありますが、割賦契約の審査はかなり甘いものになっていますので、基本的にはどなたでも契約できます。



ポイントになるのが毎月確実に返済していくことです。でないとクレジットヒストリーが構築されないどころか、クレジットカードの審査に悪影響を及ぼします。昨今は2年間を目安に割賦契約が交わされますが、最低でも1年は分割払いを続けることで、クレジットヒストリーが構築されてきます。信用情報機関には、直近24ヶ月の入金状況が記録されていますので、2年間しっかりと返済できれば、クレジットヒストリーはばっちり構築されたことになります





脱出方法2:ショッピングローンを利用する

ショッピングローンの利用もおすすめです。ショッピングローンは分割払いで商品を購入するローン契約の一種です。クレジットカード不要で利用することができますが、クレジットヒストリーを築くことができるため、クレジットカードの審査に好影響をもたらしてくれます。



おすすめは、「家電」の購入でショッピングローンを利用すること。例えば、ビックカメラの場合、合計金額15,000円以上でショッピングローンを利用できます。24回まで無金利キャンペーンを実施している(2018年4月現在)ので、例えば、2万円の電子レンジを24回払いにすれば、月々の負担は1,000円以下になり、経済的な余裕がなくても利用しやすいです。



ショッピングローンの注意点は、金利です。分割払いをする場合、多くのお店は2〜3回払いまでは金利ゼロの場合が多く(お店により異なる)、それ以上の回数になると金利が発生し、支払いの合計金額が多くなってしまいます。なので、先述したビックカメラのように長期の無金利キャンペーンを実施しているところを選ぶことをおすすめします。また、本当に必要なものを購入する際に利用しましょう。





審査に落ちたら次に申し込むのは半年後


審査に落ちると「違うカードなら受かるかもしれない」と思って、次から次へ申し込もうとする方がいるのですが、これは絶対にやめてください。1週間空けても、1ヶ月空けても、結果は不合格のままです。これは、カードに申し込んだ事実が信用情報機関に登録され、立て続けに申し込むと“お金に困っている人”とカード会社に判断されてしまうためです。



クレジットカードに申し込んだ事実は信用情報機関に半年間記録されますので、次にカードに申し込むときは、前回のカードの審査が落ちてから半年後にしましょう。



次回申し込むときの対策が2つあります。




対策その1:属性に変化なし→違うカードに申し込む


1つ目の対策は、属性が変わっていなければ、違うクレジットカードに申し込むことです。属性とは、年齢や勤務先、雇用形態、住居形態、借入状況などあなたの個人情報全般を指します。半年前と属性が全く変わらない場合、同じカードに申し込むとまた審査に落とされる可能性があるので、あえて、違うカードを選び、審査通過率を高めるのが狙いです。





対策その2:属性に変化あり→同じカードに再チャレンジ


2つ目の対策は、属性に変化があった場合に、同じクレジットカードに再チャレンジすることです。属性は変化があるとスコアがよくなりますので、同じカードでも審査に受かる可能性が出てきます。



ただし、属性が好転していることが大前提です。属性が悪化すると同じカードに申し込むとまた審査に落ちてしまう可能性が高いです。好転していると捉えていいのは、例えば、無職だったのが職に就いた、雇用形態が契約社員から正社員になった、勤続年数が半年から1年になった、年収が250万円から270万円になった、自宅の電話番号を持つようになった、などが挙げられます。





いずれにしても審査が厳しいカードは選ばないこと

どんなに対策を講じても、狙っているカードの審査難易度が高ければ、審査通過率は上がりにくいです。アメックスゴールドのようなプロパーカードは基本的に審査難易度が高いので、おすすめできません。



Yahoo! JAPANカード



狙い目は、信販系または流通系のクレジットカードです。例えば、「Yahoo! JAPANカード」は、発行元が信販系のワイジェイカードですが、さらに細かくネット系に細分されますので、信販系カードの中でも審査は易しめと言えます。



還元率も悪くないですし、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは毎日ポイント3倍になるので、かなり効率よくポイントが貯められます。ポイントはTポイントですが、Suicaに交換したり、ジャパンネット銀行なら現金に交換することも可能なので、利用シーンは幅広いです。ぜひご検討ください。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて