審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


日本クレジット協会が発表した「平成29年度のクレジットカードの実態調査」によれば、クレジットカードが最も多く利用されているシーンは「インターネットショッピング(86.5%)」で、次いで「量販店(57.9%)」、「スーパー(55.4%)」、「百貨店(50.6%)」、「電話・インターネット料金の支払い(47.2%)」でした。



この実態調査から、多くの方はインターネットショッピングをはじめとしたお買い物を中心にカードを利用していることがわかりました。この結果は、容易に想像できたのですが、実は“アレ”が調査対象となっていませんでした。“アレ”とは一体何のことでしょうか。





クレジットカードの意外な使い道


実態調査からもわかるように、多くの方は「クレジットカードはショッピングに使うもの」と思っています。それでも構いませんが、これではクレジットカードを十分に使いこなせているとは言えません。クレジットカードは他にも色々な使い方ができるからです。



キャッシング



例えば、「キャッシング」。キャッシングは小口融資サービスのことで、クレジットカードにキャッシング枠を設けることで、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)を使って、現金を融資してもらうことができます。当然、利子をつけて返済していくことになります。基本的には翌月一括返済となりますので、利子分を含めて返済できるよう、借入は計画的に行わなければなりません。



海外旅行傷害保険



他にも、「海外旅行傷害保険」があります。最近では、年会費無料のクレジットカードにも海外旅行傷害保険が付帯されるようになっています。ひと昔前までは、海外旅行向けの保険サービスに別途加入する必要があり、大きな負担となっていました。多くのカードは、旅費の一部の支払いを該当のカードで決済することが保険の適用条件となっていますが、一部で構わないわけですし、そもそも旅行にかかる費用なので、そこをカード決済にすればいいだけの話ですから、付帯されるだけでかなりのお得感があります。





クレジットカードは税金の支払いに使える


クレジットカードであらゆる税金の支払いができる時代に


さて、ここからが本題ですが、クレジットカードを持ったらぜひ利用してもらいたいのが「税金の支払い(納税)」です。そうです、冒頭の“アレ”とは“納税”のことでした。実態調査の対象にすらなっていなかったので、利用は多くないのかもしれません。



実際、クレジットカードで税金の支払いができることを伝えると、「え、知らなかった」「本当にできるの?」といった驚きの声が上がります。知っている人は知っているけど知らない人は全く知らないのが現状ではないでしょうか。



たしかに今でも、銀行や各自治体の窓口での支払い、または銀行の口座振替が納税の一般的な形のままです。2004年以降、コンビニでの納税がスタートし、こちらは徐々に普及しています。



クレジットカードを使った納税は、神奈川県藤沢市が2006年に実証研究した軽自動車税が最初だと言われていますが、それから10年以上が経過した今、コンビニ納税ほど普及しているとは言えない状況ですが、徐々にその利便性に気づく人が増えている印象があります。





クレジットカードで支払える税金の種類


クレジットカード納税がコンビニ納税ほど普及していないのは、単純に認知度が低いからだといえます。「どんな税金がクレジットカードで支払えるか知っていますか?」と質問されたら、すべて答えられる人は限られる、というか、ほとんどいないのでは?



では、どのような税金の支払いにクレジットカードは対応しているのでしょうか。直接税は以下が対応しています。他にもありますが、ここでは個人に関わるものを主にピックアップしました。


クレジットカード納税が可能な主な直接税
  • 所得税
  • 固定資産税
  • 地方税
  • 住民税
  • 自動車税
  • 相続税
  • 贈与税

※2018年3月現在



以上は直接税ですが、「消費税」や「酒税」「たばこ税」は間接税なので、すでに無意識にクレジットカードで税金を支払っている方は実は多いのです。



また、一般的な税金とは少しニュアンスが違いますが、一応、税金の区分として、確定申告の控除対象となる以下の保険料の支払いにもクレジットカードは対応しています。


クレジットカードで支払える保険料
  • 国民健康保険
  • 国民年金保険
  • 後期高齢者保険
  • 介護保険


様々な公金の支払いにクレジットカードが対応してきていると覚えておきましょう。





クレジットカード納税のメリット


クレジットカード納税をおすすめしたい理由は実にたくさんあります。クレジットカード納税のメリットを把握して、税金をムダなく納めていきましょう。




ポイントが貯まる


納税額分のポイントが貯まる


最大のメリットは、やはり、ポイントが貯まることです。通常、現金や口座振替・振込によって税金を支払った場合、ポイントがつくことはありません。むしろ、税金を搾り取られて財産が減ってしまう、という嫌な気持ちにさえ陥ります。



しかし、クレジットカードを使って納税すれば、納税額分のポイントがつきます。例えば、ポイント還元率1%のクレジットカードで自動車税34,500円(1L〜1.5L以下の車)を支払った場合、1%分の345ポイントが還元されることになります。1ポイント1円分換算なら、345円分節約できた、と捉えることもできるでしょう。



このようにして考えると、現金での支払いよりもポイントが貯まるクレジットカード納税のほうがお得といえます。



10,000円の納税額毎に76円(税抜)の手数料がかかりますが、それを考慮してもやはりお得であることには変わりありません。





翌月に支払いを持ち越せる


翌月一括返済のほか、分割払い・リボ払いも選べる


納税の時期を把握していない方は、意外と多いのではないでしょうか。住民税は、4期に分かれていますが、その4回が何月なのか把握している方は少ないでしょう。納税通知書に詳しく記載されていますが、その時は覚えていてもすぐに忘れてしまうものです。



「納税通知書を確認したら今月が支払いだったので焦った」なんて経験はありませんか。こんなとき、クレジットカード納税は強みを発揮します。クレジットカードは翌月一括返済が基本で、返済は翌月なので、急に現金が用意できないときでも、期日内にきちんと納税することが可能です。



「しばらくお金を工面できそうにない」なんてときも、クレジットカードなら分割払いやリボ払いも選択できるので安心です。現金でも分割払いが可能ですが、役所の窓口で申請する必要があり、やや面倒です。クレジットカードならその面倒を省けます。ただし、クレジットカードによっては支払い方法が選択できない場合もありますので、その点はご注意ください。





支払いの手間が省ける


自宅or外出先でPCorスマホから支払える


納税は、国民の三大義務の一つですが、支払いの面倒が伴うものです。例えば、銀行窓口で支払いをしたいとき、営業日の平日でないといけない、かつ、営業時間内の9時〜15時でないといけない、という制限があります。平日にお仕事をされている方は、銀行窓口での支払いは難しいですよね。



そこで、コンビニ納税が普及し始めたわけですが、混んでいるコンビニで納税手続きをすると後ろに並んでいる方に迷惑をかけてしまうことも...。筆者自身、朝の混雑時にコンビニで納税をしていて「チッ」と舌打ちされた経験があります(笑)。



その点、クレジットカード納税は、自宅や外出先でPCまたはスマホで簡単に支払いができるため、支払いが非常にスムーズで、誰にも迷惑をかけることはありません。その場で、領収書をもらうことはできませんが、後日、納税証明書の発行が可能となるので問題ありません。





ふるさと納税も対応


ふるさと納税で節税対策


一般的な税金とは少し違うニュアンスになりますが、特殊なものに「ふるさと納税」があります。ふるさと納税は、地方自治体への寄付金制度のことで、寄付額は控除の対象となりますので、節税目的、また、返礼品目的で納税される方が近年増えています。このふるさと納税もクレジットカードで支払いができます。



返礼品は、各自治体によって異なり、お肉・お米・お魚・果物をはじめとした食品類、宿泊券・お食事券といった各チケット類、食器・タオル・本・DVDなどの日用品など様々です。



欲しい返礼品がある自治体を選ぶ方が多いですが、平昌五輪で活躍したカーリング女子選手の所属チームがある北見市にふるさと納税する、といった単純に応援したい自治体を選ぶ方もいます。どの自治体を選ぶかは自由です。





クレジットカード納税のデメリット


クレジットカード納税は非常に便利なものですが、注意しておかなければならない点がいくつかあります。事前に覚えておけば、トラブル予防になりますので覚えておきましょう。




すべての地域に対応しているわけではない


クレジットカード納税ができない自治体がある


クレジットカード納税の大きなデメリットとなっているのが、すべての地域で対応しているわけではないということです。また、対応している自治体でも、特定の税金のクレジット決済は対応していないこともあります。



軽自動車の実証研究が最初に開始されたのが、神奈川県藤沢市だと先述しました。これが2006年のことでした。実証研究という段階でしたので、すべての地域が同時に行ったわけではありません。ということは、各自治体で開始にズレが生じるわけです。クレジットカード会社との兼ね合いもありますので、ズレは必ず生じます。



クレジットカード納税の導入が早い地域、遅い地域はどうしても出てきてしまいますので、可能か否か、また、可能な税金の種類は何か、を事前にお住まいの各自治体のホームページ等で確認しておく必要があります。対応していないところは、いくら窓口で説得しても支払いできませんので、ご注意ください。



ただ、クレジットカード会社としては利益拡大のために「公金クレジット決済協議会」を設立し、クレジットカード納税の普及への働きを強化していると言われていますので、今後、多くの自治体でクレジットカード納税を受け入れる動きが活発になるでしょう。





手数料がかかる


クレジットカード会社の利益確保のため手数料はかかる


2018年3月時点で消費税率8%なので、10,000円毎に「82円(税込8%)=76円(税抜)」の手数料がかかってきます。手数料は、クレジットカード納税のデメリットの一つです。



消費税率8%での計算となっていますが、2019年10月1日より消費税率は10%となりますので、現状のままだと10,000円毎に「83円(税込10%)=76円(税抜)」に上がります。また、手数料自体が上がる可能性もゼロではないため、今後、手数料については議論になりそうです。



ただ、手数料がかかるのは、返済の延滞や貸倒のリスクに備えたクレジットカード会社の対策なので、仕方ない一面があります。手数料率は、納税額の0.82%(消費税8%の場合)なので、ポイント付与や利便性の高さを考えると損をしている気持ちにはならないはずです。



これらを考慮すると、納税に利用するクレジットカードは、最低でも還元率が0.82%以上のものを選ぶようにしたほうがいいと言えそうです。





ポイント付与に不公平と声が上がる可能性


納税でポイント付与は不公平!


現金や口座振替・振込で納税をしているの方の中には、そもそもクレジットカードで納税が可能なことを知らない方もいます。また、ポイントが貯まることを知らない人も多いはずです。納税でポイントが貯まる事実が知れ渡ってしまうと、「現金で支払っている私たちは損をしている!」「不公平だ!」といった声が少なからず上がることが予想されます。



すると、クレジットカード納税によるポイント制度を廃止する動きが出てきてもおかしくない状況になってしまいます。ただ、クレジットカード納税を選んでも納税額が減るわけではないので、現状では全く問題ありません。納税者から不満の声が上がらないようにするために、地方公共団体をはじめ、クレジットカード会社、それらの関係先が協議する必要が出てくるでしょう。



クレジットカード会社としては、利益拡大のためにクレジットカード納税を広めたいという意図がありますが、返済の延滞や貸倒といったリスクも伴うため、税金の確実な徴収のためにより一層の対策が必要になります。





クレジットカード納税のやり方


クレジットカードを使って納税する場合、専用のお支払サイトで行うことになります。全国対応の主な2サイトが以下です。



それぞれのサイトにお進みいただき、納税したい税目を選択したら、納税額などの納税情報、クレジットカード情報を入力し、あとは内容を確認して、納税手続きを完了させるだけです。ガイドに従って進めれば、誰でも簡単に納税できるようになっています。



他にも、各自治体でお支払サイトが用意されていますので、お住まいの自治体のお支払サイトをチェックしてみましょう。



「本当にこれで納税できたの?」と最初は不安になりますが、問題ありません。納税証明書は、発行手続きをしないと発行してもらえませんが、例えば、自動車税は納税確認を電子的に行うようになったため、納税証明書を提示する必要がなくなりました。このように、納税証明書が必ずしも必要ではない時代になってきています。今後、こうした流れは加速するでしょう。





クレジットカード納税は主流になる


筆者は、納税はクレジットカードでの支払いが主流になると予想しています。人間は常に便利なものを選んできた、というのが最たる理由です。そうでなかったら、今日のような便利な社会・モノは普及していなかったはずです。



便利なクレジットカード納税の流れは誰にも止められない



電車の乗車券のIC化が良い例です。昔は電車に乗るのに紙の乗車券が必要でしたよね。それが今はどうでしょう。SuicaやPASMOをはじめとしたICカードは誰しもが利用しています。iPhoneにSuicaを追加して、iPhoneをかざして改札を通過するApple Payのような最先端技術を駆使される方も多くなっています。



ICカードが普及したのは、消費税8%の影響が大きかったと言われています。消費税が5%から8%に上がったことで、「1円単位運賃」が導入されました。これは、ICカードを利用する場合、より正確に運賃を反映させる料金システムです。



例えば、山手線内1〜3kmの距離で比較すると、IC運賃は133円、きっぷ運賃は140円です。券売機はその性質上、10円単位で計算することになるため、IC運賃よりも高くなる設定される場合が多いです。安くなる場合もありますが、ほとんどは高く設定されているため、ICカードを利用したほうが節約になると認知され、これがICカードの普及に大きくつながりました。



これと同じように、納税も現金や口座振替・振込よりクレジットカードを使ったほうがポイントが貯まるなどメリットが多いわけですから、クレジットカード納税のほうが多数派になっていくと筆者は推測しています。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて