審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


「クレジットカードを1枚持っておくだけで人生は変わる」と言われたら信じますか?例えば、海外旅行をするとき、夜中に出歩いてしまい、強盗に遭ってしまったとします。「そんなことあるはずない」と思うかもしれませんが、この考え方は海外では通用しません。筆者は実際に体験しています(参照:海外で強盗に出くわしたときの体験談)。強盗に遭い、無一文になったとしてもクレジットカードの「キャッシング」という機能を使えば、難を逃れることができます。どういうことなのか、詳しく解説していきます。





クレジットカード付帯のキャッシングの基礎知識


クレジットカードは主に「ショッピング」「キャッシング」という2つの使い方ができます。ほとんどの方はショッピングに使っています。ショッピングは、実店舗はもちろん、インターネットショッピングでの支払いにも使え、とても便利です。



キャッシングは、少額融資サービスのことです。クレジットカード特有のサービスで、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)を使って現金を引き出すことができます。翌月一括返済またはリボルビング払いで返済できますが、ショッピング利用時と異なるのは利息をつけて返済することになる点です。



キャッシングで借りたお金は利息をプラスして返済する義務がある



あまりにもカンタンに現金を手にすることができてしまうため、自分の銀行口座のような扱いをしていると、のちのち大変な目に遭ってしまいます。実際にはクレジットカード会社からお金を借り入れているという形になるので、キャッシングで借りたお金は、利息を上乗せすることになり、借りた金額以上の返済をしなくてはいけません。



キャッシングは、支払い能力を超える金額を借り入れられる可能性があり、借りたはいいものの返すことができない人が増え、現在、問題となっています。こういったトラブルに陥らないために、カードの申込時にキャッシング機能を付帯させないようにしたり、また、キャッシング機能の限度額を下げるといった対策をしておきたいところです。



実は、キャッシングを付帯させない・利用限度額を低く設定する、といった対策を講じることで、審査に通りやすくなることもあります。





キャッシングを利用した場合の返済方法


キャッシングは“融資”なので、もちろん、返済をしなければなりません。返済は、締め日の翌月にカード申込時に指定した口座から引き落とされるのが一般的です。引き落とし日は、カード毎に異なりますので、しっかりと把握し、引き落とし日までに口座にお金を入れて、残高不足にならないようにしましょう。(手数料などは下で詳しく解説します。)



カード申込時の口座から自動引き落とし



返済は、ショッピングと同様に自動引き落としなので、もし返済額分が口座になければ「引き落としできませんでした」という旨のメールや手紙、電話が届きます。手紙の場合、振込用紙が同封されていますので、振込用紙とともに期日までに支払うことになります。このとき、振込手数料がかかる場合があり、さらに余計な出費になりますので返済遅れには十分に注意しましょう。



遅延を何度も繰り越していると、利用停止の処分が下される可能性が出てきます。信用情報機関では61日以上または3ヶ月以上の返済が行われない場合、「延滞」と記録され、これがよく言われる「ブラックリスト」に入るまでの経緯となります。



ブラックリストに一度入ると、その状況が解消された日(この場合、キャッシングの返済が完了した日)から数えて5〜10年ほどは新規にクレジットカードを作るのが難しくなってきます。クレジットカードはもちろん、様々なローン商品の審査に悪影響を及ぼしてきますので、返済はしっかりと行いましょう。





キャッシングを利用した場合の金利について


キャッシングと言うと、馴染みのある言葉になりますが、難しく言えば、無担保の現金貸付になるので、当然のことなら金利が発生します。金利はクレジットカード会社によって利率が異なります。金利がわかれば、借りた金額に応じた利息手数料を計算をすることができます。


借入残高×実質年率÷365日×借入日数=利息手数料

この計算だと、実質年率15.0%で1万円借り入れた場合、1日あたり4円の金利になりますので、30日後に引き落とされるのであれば、4円×30日=約120円の利息手数料がかかることになります。「たった120円か」と思うかもしれませんが、そこが落とし穴です。1万円で利息手数料が約120円なら、10万円で約1,200円の利息手数料がかかります。



これがリボルビング払いになると、月々の返済額は減りますが、完済日が先延ばしになるため、より多くの利息手数料を払う必要が出てきます。ゆえに、「リボルビング払いは終わりが来ない返済方法」などと揶揄されるのです。筆者もリボルビング払いはおすすめしません。



繰り上げ返済をすることで利息手数料を抑えられる



引き落とし日よりも早く返せるのであれば、繰り上げ返済をして利息手数料をなるべくかからないようにできますが、キャッシングを利用する方で、そういう方は少ないのが現状です...。それなら最初からATMで預金を引き出しているはずですからね。



ただ、急な引越しなどで給料日までに現金が用意できないなんて場合、キャッシングを使えば、即座に現金を用意できるので、そういったときには非常に役立つでしょう。



キャッシングは、一長一短あるサービスなので、もし利用するなら計画的に利用していかなければなりません。





キャッシングの海外利用テクニック


ここまではかなりお堅い話をしましたが、ここからはキャッシングを使った実践テクニックを紹介します。海外では、日本よりもクレジットカード決済が根付いていることはご存知ですよね?ただ、観光地の入場料やアトラクション、市場など細かい支払いについては、現金しか対応していなかったりするので、いくらかの現地通貨は必要になってきます。



少し極端な話ですが、現地通貨を全てスられてしまったとしましょう。そんなときに現地のATMやCDからクレジットカードを使ってキャッシングを利用すれば、そのまま現地通貨を引き出すことができるので、万が一の場合に備えることができます。これをもっと上手に使ってみましょう。



キャッシングは海外で使うと外貨両替にもなる



海外でキャッシングを利用すれば、そのまま現地通貨が出てくるわけですから、これで外貨両替ができたことになります。



特筆すべきなのは、キャッシングを利用したほうが両替手数料が安く済む可能性がある、ということ。



例えば、空港の両替所で日本円を500ドルに両替しようとした場合、1ドルにつき3%の手数料がかかると、両替手数料は約1,500円となります。一方、海外でキャッシングを利用すれば、500ドル引き出した時、実質年率18%で30日後の返済とすると、利息手数料は約740円です。ここにATM手数料が200円ほどかかる場合がありますが、それをあわせても1,000円以下に抑えられるので、海外でキャッシングをしたほうが外貨両替手数料を安く済ませることができます。



両替の金額が大きくなれば、さらに手数料を抑えることができるでしょう。しかし、返済できる範囲で借入を行わなければならないので、その点は十分に注意しましょう。





セディナカードJiyu!da!で外貨両替のススメ


キャッシングによる利息を少しでも減らすテクニックに「繰り上げ返済」がある、と先述しました。返済日を繰り上げることで、利息がかかる日数を減らすことができ、全体の返済額を抑えられます。



一般的なキャッシング利用者は、お金に困っている層が多いため、繰り上げ返済をされる方は少ないですが、外貨両替目的でキャッシングを利用されるような層は、海外旅行をする余裕があったはずで、そもそも両替しようと思っていた額は現金で用意できていたはずですから、繰り上げ返済は可能だと思います。



セディナカードJiyu!da!



繰り上げ返済をするときは、電話で手続きをする必要があるカードが多いですが、「セディナカードJiyu!da!」は、ネット上で繰り上げ返済の手続きができるので、煩わしさを感じません。



「それってそこまで重要なこと?」と思うかもしれません。例えば、海外でキャッシング機能を使って外貨両替をし、帰国後の繰り上げ返済手続きをしばらく忘れていた、なんてことになったら、返済は翌月一括なのできっちり30日分の利息手数料を払わなければならなくなります。海外ではなかなか電話をかけずらく、帰国後に電話で手続きをする方が多いので、こういったミスは起きがちです。



海外では、ホテル内はもちろん、屋外のフリーWi-Fiが普及していますので、昨今は海外にいてもスマホでの通信が可能です。地図アプリのGoogleマップで「Free Wi-Fi」と検索すると、フリーWi-Fiが利用できるスポットを探せるので、屋外でも安心して通信ができます。



セディナカードJiyu!da!は、リボルビング払い専用のクレジットカードになりますが、一括返済への変更が可能になっていますので、審査が甘いことを考えると、審査に不安を抱える方はこのようなクレジットカードを狙って作るのもありです。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて