審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードのキャッシングについて解説する女性


クレジットカードを1枚持っておくだけで人生は変わる、と言われたら信じますか?例えば、海外旅行をするとき、夜中に出歩いてしまい、強盗に遭ってしまったとします。「そんなことあるはずない」そう思うかもしれませんが、この考え方は海外では通用しません。筆者も実際に体験しています(海外で強盗に会ったときの体験談)。強盗に遭い、無一文になったとしてもクレジットカードの「キャッシング」という機能を使えば、難を逃れることができます。どういうことでしょうか?





クレジットカード付帯のキャッシングとは?


クレジットカードは「ショッピング」「キャッシング」という2つの使い方ができます。ほとんどの多くの方はショッピングに使います。ショッピングは、実店舗はもちろん、インターネットショッピングでの支払いにも使え、とても便利です。



キャッシングはクレジットカード特有のサービスで、後払いで現金を引き落とすサービスです。イメージとしては、銀行口座からお金を引き落とすような感じです。ここでポイントになるのが、ただ単に“引き落としているような感じ”がしているだけ、ということ



キャッシングで借りたお金は利息をプラスして返済する義務がある



あまりにもカンタンにお金を引き落とすことができてしまうため、自分の銀行口座のような扱いをしていると、のちのち大変な目にあってしまいます。実際にはクレジットカード会社からお金を借り入れているという形になるので、キャッシングで借りたお金は、のちに利息を上乗せして返さなけえばなりません。



キャッシングは支払い能力以上にお金を借り入れることができてしまうため、返すことができない人が増え、現在、問題となっています。こういったトラブルに陥らないために、カード申込時にキャッシング機能を付帯させないようにしたり、また、キャッシング機能の限度額を下げるといった対策をしておきたいところ。



実は、キャッシングを付帯させない・利用限度額を低く設定する、といった対策を講じることで、審査に通りやすくなることもあります。





キャッシングを利用した場合の返済方法とは?


キャッシングを利用したら、もちろん、返済をしなければなりません。返済は締め日の翌月に銀行から引き落とされる、というのが一般的です。引き落とし日は事前に決められていますので、その引き落とし日までに返済額分が銀行口座になければなりません。(手数料などは下で詳しく解説しています。)



勝手に引き落とされますので、もし返済額分が銀行口座になければ「引き落としできませんでした」という旨のメールもしくはお手紙、電話が届きます。お手紙には、振込用紙が同封されていますので、振込用紙とともに後日支払うことになります。このとき、振込手数料がかかりますので、そのようなことにならないように注意したいです。



また、返済を何度も繰り越していると当然のことながら利用停止の処分が下されます。そして、最悪の場合、ブラックリスト入りとなり、新しくクレジットカードを作れなくなることもあります。キャッシング機能の有無に関係なく作れなくなります。その他にも、様々なローン商品の審査に悪影響を及ぼしてきます。





キャッシングを利用した場合の金利はどうなってるの?


キャッシングと言うと馴染みのある言葉になりますが、難しく言えば、無担保の現金貸付になるので、当然のことなら金利が発生します。金利はクレジットカード会社によって異なります。金利がわかれば、借りた金額に応じた利息手数料を計算をすることができます。


借入残高×実質年率÷365日×借入日数=利息手数料


この計算だと、実質年率15.0%で1万円借り入れた場合、1日あたり4円の金利になりますので、30日後に引き落とされるのであれば、4×30日=約120円の利息がかかることになります。「たった120円か」と思うかもしれませんが、そこが落とし穴です。1万円で利息手数料が約120円なら、10万円で約1,200円の利息手数料がかかります。60日での返済であれば、約2,400円ともっと高くなってしまいます。



当日中に返せるのであれば、繰り上げ返済をして利息手数料がかからないようにすることもできますが、キャッシングを利用する方で、そういう方は少ないです・・。それならATMで預金引き出しをするはずですからね。キャッシングは便利ですが、計画的に利用しなければなりません。





キャッシングの海外利用テクニック


ここまではお堅い話をしましたが、ここからは実践できるテクニックを紹介します。海外ではクレジットカード決済が根付いていることはご存知ですよね?ただ、観光地の入場料の支払いなどは、未だに現金で支払ったりすることが多いですから、いくらかの現地通貨は必要になってきます。



少し極端な話ですが、現地通貨を全てスられてしまったとしましょう。そんなときに現地のATMからクレジットカードを使ってキャッシングを利用すれば、そのまま現地通貨を引き出すことができるので、カンタンに現地通貨を手に入れることができます。これをもっと上手に使ってみましょう。



キャッシングは海外で使うと外貨両替にもなる



海外でキャッシングを利用すれば、そのまま現地通貨が出てくるわけですから、これ自体がもうすでに両替のような形になります。



特筆すべきなのは、キャッシングを利用したほうが両替手数料が安く済む可能性がある、ということ。例えば、国内で2万円を両替しようとした場合、手数料3%だとだいたい600円の両替手数料が必要になります。一方、海外でキャッシングを利用すれば、実質年率18%で同じ2万円を引き出した時、利息・手数料あわせて350円弱にしかなりません。倍とまでは言いませんが、キャッシングを利用すれば両替手数料をここまで節約できちゃうのです。もちろん、返済できる範囲内で行なうことが前提です。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて