審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードを1枚も持っていないと不便な時代になりました。後払い型の電子マネー付帯のクレカ登場で、電子マネーもチャージの必要がなくなるなど、利便性は高くなるばかりです。クレジットカードの所有層は10代後半〜70代と幅広く、インターネットショッピングなどの普及に伴い、契約者は年々増え続けています。



ネットショッピングもスマホでカード決済という形が増えてきていますね。さらに、Apple Payの登場で、実店舗でもスマホ一つで決済が可能になりました。今後、さらに便利になることが予想されます。



審査通過には条件を満たすことが何より大事



クレジットカードの審査には甘いところ、厳しいところがあるわけですが、安定した収入があれば、基本的にはどのカードでも審査に通る可能性があります。(※借入がないのが大前提)。一方で、安定した収入がない方は、審査をスムーズに通過するのが難しい傾向が未だ残っています。



それもそのはず、クレジットカードというのは、建て替え=一時的に借金をするようなものなので、利用した金額分を支払える返済能力がなければなりません。人によっては、つい使いすぎてしまったりすることもありますから、そういう意味では、収入が安定していないと審査に通りにくくなるのは当然のことといえます。



それでも、インターネットが欠かせない現代において、クレジットカードを1枚も持っていないのは不便です。そういった方でも所有できるように、審査が甘いクレジットカードが少しずつ増えてきています。ただ、審査が甘いからと言って必ずしも審査に通過・合格できるとは限りません。その理由はいくつかあります。





審査基準の最低ラインを達していますか?


審査には、当然ながら、審査通過の最低ラインとなる基準があります。審査通過の基準として、収入をはじめ、雇用形態や勤続年数、住居形態や居住年数など様々な属性から、審査の可否を判断していきます。



極端な話ですが、いくら審査が甘いといっても、無職で収入がゼロであれば、審査に通る可能性は限りなく低くなります。ただ、近年は、年収100万円台から作れるカードが登場していますし、配偶者や親の属性次第では収入のない専業主婦や学生でも作れるカードも登場するなど、安定した収入がない層でもクレジットカードを持てるようになってきているのが現状です。



正社員は収入が安定していて、審査に有利と言われがちですが、例えば、勤続年数がまだ3カ月程度しかないとなれば、信用の問題で審査で弾かれる可能性があります。それならパート・アルバイトで勤続年数が5年以上あるほうが信用度は高いといえるでしょう。



審査通過の最低ラインは各社で異なり、断言できるものではありませんが、各社、スコアリングシステムという採点システムを採用しており、どのぐらいのスコアを獲得できれば審査に通過できるのか、大体の目安を知ることができます。詳しくは、参照をご覧ください。


参照:スコアリングシステムの点数配分の詳細





申込手続きで不備・間違いはありませんか?


申込方法には色々な方法があって、最近でこそ、ウェブからの申し込みが一般的になっていますが、以前は書面による手続きが一般的でした。今でも、店頭で申し込むときには書面手続きをするのが一般的です。



ウェブ申込ならミスを防げる



書面での手続きでけっこう多かったのが、記入の不備や間違いでした。信用に関わることなので、小さな不備・間違いが審査不合格の原因となることがあります。例えば、携帯の電話番号が間違っていて本人確認がとれなかったら、それだけで審査に落ちる可能性が出てしまったりします。不備・間違いを避けるためにも、入力ミスを即座に知らせてくれるウェブでの手続きがおすすめです。



また、ウェブからの申込だと、新規入会キャンペーンで入会ポイントをもらえたりすることもあります。昨今は、ウェブ上で利用履歴を確認できるサービスが主流で、結局、それらの利用のためにアカウントを作ることになりますので、それなら最初からウェブから申込をしたほうが効率がいいです。


参照:初めての方のためのクレジットカードの作り方





過去に支払いの遅延・滞納はありませんでしたか?


かなり重要になるのが遅延・滞納問題です。クレジットカードは、建て替え=一時的に借金をする要素がありますので、遅延や滞納は、信用問題に大きく傷をつけます。



例えば、信販・カード会社や消費者金融からの借り入れがあって返済が滞っていたり、割賦契約した携帯電話の支払いを何ヶ月も滞納した事実があると、ブラックリスト入りしている可能性があり、審査不合格となる可能性が非常に高いです。



“61日以上または3ヶ月以上”の返済の遅れがあると、CICなどの信用情報機関では「異動」と記され、これが「延滞」があった事実となります。延滞情報は、完済した日から5〜10年の間、信用情報機関の記録に残されますので、注意しなければなりません。





クレジットカードを既に複数枚、所有していませんか?


クレジットカードには、「与信枠」というものがあります。その名のとおり、与えられた信用の枠のことで、その方の返済能力によって決まります。Aさんは100万円で、Bさんは200万円、Cさんは300万円といったようにそれぞれ異なります。



与信枠の範囲内で複数枚作ることができる



例えば、Aさんは100万円なので、1枚目のクレジットカードの利用可能枠が60万円、2枚目が40万円だとしたら、これですでに与信枠は上限の100万円となります。ここでさらに新規にカードを作成しようとすれば、返済能力以上に利用できる可能性があるため、これ以上カードを作ることができなくなります。



与信枠の上限を超えている場合は、新規に作成できませんが、もし利用していないカードがあれば、解約してからなら、新規に作成することができます。言い換えると、新しいクレジットカードが欲しいなら、使っていないカードを解約したほうが審査に受かりやすくなる可能性がある、とも言えます。





カードの多重申込をしていませんか?


多重申込とは、複数のカードを一緒に申し込むことです。CICやJICCなどの信用情報機関には、カードを申し込んだ事実が記録されますので、多重申込をしてしまうと、「お金に困っているのでは?」などとカード会社から判断されてしまい、審査で不利になる可能性が出てきてしまいます。



特別な事情がない限り、カードの申込は1社に絞ったほうがいいです。中には2〜3社同時に申し込んで審査に通過した事例がありますが、得策とはいえないのでおすすめしません。





スーパーホワイトではありませんか?


スーパーホワイトとは、過去にクレジットカードやローンの利用が一切ない状態をいいます。



スーパーホワイトだと審査にプラスに働くことはない



クレジットカードやローンを利用すると、クレジットヒストリー(クレジットの利用実績のことでクレヒスと略称される)を築くことができ、返済能力の判断材料となり、これが審査においてプラスに働く場合があります。これがスーパーホワイトだとクレヒスが構築されていないため、審査でプラスに働くことはありません。



一般的に、クレジットカードは10代後半〜30代前半にかけて必要性を感じるものだと考えられており、30〜40代になってもクレジットカードを所有せず、クレヒスを構築できていないと、「クレジットカードを持てない特別な理由があった?」「計画的に利用できるのか懐疑的だ」と判断される傾向があるため、“30歳を超えてスーパーホワイトだと審査で不利になる”とよく言われるのです。



しかし、実際には、30歳を超えてスーパーホワイトの方でもクレジットカードを持つことはできます!一刻も早くスーパーホワイトから脱出したいのであれば、割賦契約した携帯料金を毎月しっかりと支払う、ショッピングローンを利用する、などしてクレヒスを構築していくといいです。



高還元率や入会ポイント狙いでクレジットカードを作るのもありですが、スーパーホワイトの方は審査が甘いクレジットカードを狙い撃ちするなどして、審査通過率を高めることを第一に考えていきましょう。




審査が甘いクレジットカードの比較はこちら






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて