審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】



楽天カードは、クレジットカードの中でも審査は甘いほう(ここ最近は広告費のテコ入れのためにやや厳しめに)ですが、新入社員ということは勤務年数が短いはずなので、このあたりが審査落ちの原因になることがあります。入社後、半年ぐらい経てば、年収が確定してくるので、それ以下だと落ちる可能性があります。勤務年数は最低でも半年ないし1年は欲しいところ。ただ、新入社員でも、親と同居でローンがないのであれば、勤務年数が短くても審査に受かる可能性は十分にあります。





虚偽申告は必ずバレますので、審査においてプラスになることは一切ないと思ってください。本人確認や在籍確認が必要な場合がありますので、電話番号や勤務先等の情報は特に正確に申告する必要があります。年収は10〜30万円までの誤差、勤務年数や入居年数は1年程度の誤差であれば問題ないです。ただし、1年未満と1年以上では評価が変わるので、このあたりは気をつけましょう。Yahoo! JAPANカード自体は審査が甘いのでとてもおすすめです。





その通り!クレジットカードはなるべく早いうちに作っておいたほうが、クレヒス(信用情報)を構築しやすいです。クレヒスを構築しておくと、今後新規にカードを作りやすくなる傾向があります。「親と同居中」というのは実は審査においてはプラス査定で、本人の収入が少なくても、家賃や光熱費など固定費が少ないと予想され、返済能力が高いと判断されやすいです。万が一、返済が遅れた場合でも、ご両親が建て替えてくれるなどと予想しやすいのも「親と同居中」のメリットとなります。





この方は以前、ハンドルネームに受験生と記載されていました。受験生でも審査に通るのは意外でした。というのも、私も受験生かつ浪人生だった頃にクレジットカードに申し込んで、無事落ちた経験があるからです(笑)。この方は、親と同居で、アルバイトなどをされているのかもしれませんね。アルバイトは審査に通りにくいイメージがあるかもしれませんが、安定した収入があり、勤務年数が長ければ審査においてプラス査定となります。





知っておきたいのは、クレジットカードの審査項目は収入だけではない、ということ。収入はある程度必要(多い少ないよりも安定した収入が必要)ですが、勤務年数が長ければ、年収100万円台からでも審査に合格します。大事なのは収入ではなく、勤務年数、雇用形態、住居区分、入居年数、ローンの有無だったりしますので、収入が少ないことは不安に思わなくても大丈夫です。






学生は、社会人と比べると審査通過率が圧倒的に低いので、クレジットカードの選び方にこだわっていきましょう。おすすめなのは、ライフカードです。ライフカードは入会条件が「高校生を除く18歳以上」となっていますので、大学生や短大生、専門学生など学生でも審査に通る可能性が高いカードです。学生専用カードもありますので、不安な方はそちらを選ぶといいでしょう。このように、通常カードと学生専用カードの2種類選べる場合は、学生専用カードを選択したほうが審査に通りやすくなります。





セゾンカードの発行元であるクレディセゾンは信販系なので、審査は甘いほうです。「他のクレカは...」と書かれていますので、すでに何枚かカードをお持ちかもしれません。クレジットカードは支払い能力の範囲内で持つことができますので、すでに複数枚お持ちの場合、与信枠(一人に与えられる使用可能枠の最大値)を超えてしまっていて、新規作成が難しくなっている可能性が高いです。使わないカードを解約してから申し込むと新たにカードを作れる可能性があります。





ブラックリストは存在しない、と言われていますが、似たようなものはあります。不安な方は情報開示をしてみましょう。情報開示をすることで、過去の支払いや借り入れの現状を知ることができます。(詳細:情報開示のやり方と読み取り方)情報開示によって問題があるところが必ず見つかりますので、そこを改善させていくことからはじめるといいです。過去に携帯料金(特に本体を割賦払いしている場合)の長期滞納があったりすると、審査においてマイナス査定になることがあります。





そんなことはありません。私は全ての人にクレジットカードを使う権利があると思っています。今の時代、クレジットカードがないと困ることが多いです。審査に落ちてしまったら、審査申込情報が消える6ヶ月後に新たに申込をしてみましょう。その際、審査に落ちたカードとはまた違うカードに申し込むと意外とすんなり審査に受かることもあります。





銀行系は、流通系や信販系に比べると、未だ厳しい傾向にあります。それもそのはずで、銀行は貸出金利によって大きな収益を得ていて、企業や個人など多方向に融資をしているわけですから、融資先が非常に多く、貸し倒れのリスク・額が他と比べると桁違いなわけです。なので、厳しく審査をしていかなければ、業務に支障が出てしまいます。ただ、三井住友VISAデビュープラスカードのように、若年層向けで、学生向けも用意されているカードなら銀行系でも安心して申し込めます。また、銀行窓口でクレジットカードの入会を勧められるようなケースも審査に通りやすかったりします。





審査に落ちて沈む気持ち、私も何度も経験しているのでよくわかります。たしかに落ちた理由ははっきりと教えてもらいたいですよね。各社、審査基準が異なりますので、同じ属性で違うカードに申し込んだら受かることはよくあることです。一度、審査に落ちると信用情報機関に落ちた記録が残りますので、その記録が消える半年後に前回とは違うカードに申し込んでみるといいです。半年前よりも状況が改善していれば、同じカードでも受かる場合があります。





30歳までにクレジットカードの利用が全くないと新規に作るのが難しくなる、とよく言われます。旦那様がまさにその影響を受けてしまったのでしょう。必ず影響を受けるかといえばそうではないですが、クレヒスの構築には時間がかかるので、若いうちにクレジットカードを作っておいて、実績を作っておいたほうが30歳を過ぎてから新規にカードを作るときに有利になってきます。それでも、30歳を過ぎてから初めてクレジットカードを作った方も多くいますので、一概に年齢だけが審査落ちの原因だとは言い切れません。





これは酷い案件といいますか、完全にCICのミスですね。要約すると「入金済みだったのに、不具合で誤って一部入金と登録されていた。その間の審査の申込等に影響が生じた可能性がある」とのこと。申込者サイドに非は全くないので、これは同情せざるを得ないです。クレジットカードの発行会社にこの事実が伝わればいいですが、おそらくそのようなこともないでしょう。本来、このようなミスはあってはなりません。





もし、あなたが審査担当者だったら違和感を覚えますよね?一人暮らしで家事手伝い、どうやって収入を得ているの?と。収入が少なかろうが、勤務年数が短かろうが、正確な申告が求められます。様々な材料を元に審査の可否が決まります。これで実家暮らしなら収入が少なくても審査に通ることはありますが、一人暮らしで収入がないとなると、どなたからの援助で生活が成り立っていると想定できますので、このような場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。





リボ払いのカードは比較的審査が甘いほうですが、審査が全くないわけではないので、落ちる可能性はあります。Yahoo! JAPANカードリクルートカードといった審査が甘いカードを選んでおいたほうが審査に受かりやすいでしょう。







まさにそのとおりで、若いうちからクレジットカードを使い始め、クレヒス(信用情報)を構築したほうがいいです。使う予定がなくても、持っておくだけでいいです。使用していなくても、よほどの理由がない限り、更新年に更新できますので、いざというときに困りません。それでも、使っておいたほうがいいのに越したことはありません。例えば、携帯料金や光熱費のように毎月当たり前のようにかかる固定費をクレジットカード決済にすれば、それだけでポイントが貯まるので、口座振替よりも圧倒的にオトクだと思いませんか?オトクをしながらクレヒスが構築できるとなれば、一石二鳥です。





親もしくは配偶者の属性に問題がなければ、本人収入0でもクレジットカードの審査に通ります。例えば、専業主婦や学生がこれに相当します。もちろん、本人に安定した収入があったほうがいいのは紛れもない事実です。諦めずにまずは審査に申し込むことをおすすめします。落ちてしまっても、信用情報機関に残った記録が消える半年後にまた申込してみましょう。その半年間に、職に就くなどできることからやっていきましょう





気になるツイートに物申す!




意図しない支払いの遅延でも赤信号!最も注意したいのは、支払いの遅延が長引くことですが、何度も支払いの遅延を起こすことは信用を傷つける一つの原因になってきますので、振替口座は正しく申告し、残高不足にならないようにしましょう。ブラックリストに載ってしまうと5〜10年は新規にクレジットカードを作れなくなる可能性があるので、注意が必要です。





“使わないから信用がなくなる”ということはまずないでしょう。年会費が有料のクレジットカードなら、発行会社側からすると、使わない人は、いいお客さんです。利用していないのに年会費だけは毎年入ってくるわけですからね。このような顧客を逃したくない、というのが発行会社の本音です。クレジットカードを持たずに歳を重ねる、という意味では、信用を構築できないことは考えられますが、1枚も持っていないよりは状況は悪くないです。





申込状況は6ヶ月間、記録に残されますので、新たに審査に申し込む場合には6ヶ月の期間を空けなくてはなりません。銀行員にはノルマがあり、窓口利用時に投資信託やクレジットカードの新規入会をお願いをされる場合があります。でも、銀行はお堅いがゆえ、審査が厳しいので、せっかく申し込んであげたのに落ちてしまったという事例がけっこう多く、困ったものです。銀行からのお誘いは断る、と固く心に決めましょう。銀行系は還元率もあまり良くないので、おすすめしません。





審査に落ちた原因を特定することはすごく大事です。それにしてもこの方、電話で原因を聞き出すとは、かなりツワモノですね(笑)。聞いても通常は教えてくれない、というか、電話応対をされている方はそこまで細かくわからないはずです。あまりに横柄な態度をとると、今後、該当のカード会社の審査に影響を与えるかもしれないので、気をつけてください。過去にクレジットカードの支払い実績がほとんどないがゆえ、審査に落ちるのはよくあることなので、若いうちにクレジットカードを作ってクレヒス(信用情報)を構築しておきたいものです。







審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて