審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードのいいところは、利用するだけでポイントが貯まることではないでしょうか。利用者からすれば、支払いの代行をしてくれて、それでポイントまでもらえるので一石二鳥です。



クレジットカードの利用によって貯まるポイントは、いくつか種類があります。独自のポイントプログラムを提供しているところもあれば、Tポイントをはじめ、Pontaポイント、Rポイントといった「共通ポイント」を組み込んだクレジットカードもあります。



この中で今回注目したいのは「Tポイント」です。Yahoo!JAPANカードファミマTカードなどに組み込まれています。



Tポイントは共通ポイントサービスの中でも先駆者的な存在で、蔦屋はもちろんのこと、現在ではあらゆる場所で利用できるようになっています。とは言っても、Tポイントが使えない場所もあるので、Tポイントだけ貯まっても困ることも...。



Tポイントは現金化できる



そこでTポイントを現金化して利用シーンを広げようというのが今回の試み!





Tポイントを現金化する方法


Tポイントを現金化できることすら知らなかったという方が多いのでは?まず現金化のためには「ジャパンネット銀行」の口座が必要になります。



Tポイントを現金に交換」というページから、Yahoo!IDでログインすると、ジャパンネット銀行の口座開設とYahoo!ウォレット口座の登録ができます。



Yahoo!IDログイン画面



ジャパンネット銀行口座開設画面,Yahoo!ウォレット口座登録画面



ジャパンネット銀行口座開設画面



Yahoo!ウォレット(インターネットで支払手続きや報酬の受け取りができるサービス)」のページにて受取口座をジャパンネット銀行に設定することもできます。その場合、「登録情報」から、「受取口座の管理」より受取口座をジャパンネット銀行に設定します。



Yahoo!ウォレット登録情報画面



Yahoo!ウォレット受取口座登録画面1



Yahoo!ウォレット受取口座登録画面2



あとは、「Tポイント交換(現金)の重要事項」の「同意する」をクリックし、交換したいポイント数を入力し、「申し込む」をクリックすると現金化の手続きは完了です。



Step4〜Step7までの手順








Tポイント現金化の注意点まとめ


注意したいのは、Tポイントは現金化すると価値が85%(還元率85%)になる、つまり、100Tポイント=85円になるということです。例えば、5000ポイントと入力したら、実際に現金化できるのは4,250円分となります。価値は15%下がってしまいますので、その点を承諾したうえで現金化してもらうことになります。



もう一点、期間限定ポイントは現金化の対象となりませんので、注意してください。現金化に対応しているのは通常のTポイントのみで、交換は1000ポイント以上からとなります。



また、交換には2週間程度かかります。すぐに現金化できるわけではないので、お急ぎの方は注意してください。



価値は85%に下がってしまうものの、使用できるシーンの幅が広がるとメリットは大きいです。手続きがすべてネット上でできるのも魅力ですし、Tポイントはクレジットカードの利用だけでなく、実店舗の利用でもポイントが貯まるシステムですから、日々何気なく使っていてそれがいずれ現金になるなら大きな喜びです。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて