審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードを利用したいと思っていても、審査に通らなければ、使えないどころか、所有さえできません。どうして、そこまで厳正な審査をするの?なんて思うかもしれませんが、クレジットカード発行会社からすれば、貸し倒れ(予定通り返済されないこと)のリスクを背負っているわけですから、それなりの審査があるのは理解できます。



クレジットカードの利用者は年々増え続けています。日本人のクレカ所有率は8割を超えるとも言われているので、周りでもクレジットカードを持っていない人は少なくなってきているはず。では、実際のところ、クレジットカードの審査に合格している人の割合はどのぐらいなのでしょう?興味深いデータが発表されていましたので、確認していきましょう。





統計で申込件数が年々増えていると判明


まずは、一般社団法人である「日本クレジット協会」が2017年に発表したクレジット関連統計をご覧ください。



申込件数は年々増加している



2013〜2016年の年別の統計になりますが、興味深いのは対象社数が減っているのに対し、入会申込み件数は増え続けていることです。対象社数を絞ったのに、申込件数が増加し続けているということから、多くの方が、新規に、または2枚目、3枚目、さらにはそれ以上にクレジットカードを新しく作ろうとしていることがわかります。それだけ、クレジットカードが必要な世の中になってきている証拠でしょう。





解約件数は減ったり、増えたり・・


解約件数は減ったり、増えたりで、何か傾向があるわけではなさそうです。解約理由として多いのは、「使用しなくなったから」という単純な理由。また、「ポイントが思ったよりも貯まらない」「還元率が下がったからポイントが貯まりにくくなった」「年会費がかかってしまうから」なども解約理由として挙げられるでしょう。



実は解約によるメリットもあります。すでに何枚かカードを所有していて、与信枠(利用可能な枠)を超えてしまうと、新規作成時の審査にマイナスに働くことがあるので「新規作成のために解約する」という方も少なからずいるのです。使わないカードは解約してから新規申込をする、これは新規作成時に覚えておきたいテクニックの1つです。



解約には手数料はかかりませんので、解約したいと思ったら解約してしまって大丈夫です。特に年会費がかかるもので、普段使っていないものがあるなら、即座に解約したほうがいいでしょう。





Apple Payが一役買っていた?!


クレジットカードの申込件数増加の背景には、Apple Payの普及が関係していると筆者は推測しています。Apple Payは、簡単に説明すると、iPhone版のおサイフケータイとでも言いましょうか。iPhoneにクレジットカードを登録することでiDやQUICPayでの支払い、Suicaへのチャージ等が端末だけで可能になります。コンビニでの支払いはもちろん、電車などの交通機関での支払いにもiPhone一つでできるようになります。お財布を持たずしてお出かけすることが可能になったわけです。



Androidではすでにおサイフケータイが導入されていましたが、やはり時代を動かすのは、今でもiPhoneだということが証明されたような気がします。





審査合格の割合はなんと!75%以上


さて、気になるのは審査の合格率でしたね。審査に合格している方の割合を計算するのは簡単です。「契約件数÷入会申込件数」で答えがでます。


  • 2013年:2,025万件÷2,675万件=75.7%
  • 2014年:1,996万件÷2,635万件=75.7%
  • 2015年:2,250万件÷2,923万件=76.9%
  • 2016年:2,317万件÷3,023万件=76.6%


近年のクレカ合格率は75%以上



2013年〜2016年のクレジットカード審査合格率はなんと75%以上となりました。平均を出すと76.2%になりますので、100人が1枚づつクレジットカードを申し込んだら、そのうち76人はカードを作ることができた、という計算になるわけです。



クレジットカードの審査は厳しい、というイメージがありますが、7割以上の方が審査に受かっている事実から、近年の審査はそこまで厳しくはないと判断できます。





審査がない!なんてことはない


7割以上が審査に合格しているので、審査に落ちてしまった方は落ち込んでいるかもしれません。審査は確実にあるので、落ちてしまう方も出てきてしまいます。でも、落ち込むのは時間のムダです!



ただ、落ちた場合、立て続けに申し込むのはおすすめできません。審査に落ちてから、半年間は申し込まないほうがいいです。これは、短期間に何度も申込をする方は、お金に困っている、と捉えられる可能性が高いからです。では、この期間はどうすればいいのでしょう?



ショッピングで利用したいのであれば、一時的な対策としてデビットカードを作ることをおすすめします。デビットカードは、利用分が銀行口座から即座に引き落とされる仕組みなので、預金額以上の買い物ができないカードとなります。貸し倒れのリスク等ないので、審査なしで作ることができます。ただ、利用できないシーンもあるので、基本機能はクレジットカードに劣ります。



大事なのは、次にクレジットカードを作るために、半年間で何ができるか、です。現在、借り入れがあるのであれば、半年間でできるだけ多く返済することが大事ですし、無職の方は、パート・アルバイトでもいいので手に職をつけたほうがいいです。勤続年数は長ければ長いだけ審査に有利に働きます。今の時代、パートやアルバイトでもクレジットカードは作れますので、諦めるのはまだ早いです。




Twitterではこんなツイートも






さらには…





こういったツイートもあるので、次回は前回と違うカードに申し込むことも検討したほうがいいです。各社、審査基準は全く異なるので、前回と属性が変わらない状況でも違うカードなら審査に通る可能性だってあります。





心配なら審査の甘いクレジットカードに申し込むべし


どうしてもカードが欲しい!という方は、審査が甘いカードを狙い撃ちしてはいかがでしょう。


楽天カードの券面


例えば、楽天カード。楽天カードは、ネット上では敬遠されがちですが、実際には会員数が1200万人もいて、10人に1人が持つ庶民的なカードです。会員数は未だ増え続けています。ということは、審査はそこまで厳しくない、どころか甘い証拠だといえます。実際、信販系のカードなので、審査難易度は低いです。



あと数年もすれば、会員数3000万クラスの三井住友カードに並ぶのでは、という声もあるほど。三井住友カードは銀行系に分類されますので審査は厳しいはずですが、若年層・学生向けのカードを作るなど、実は優しい一面もあり、こちらもまた会員数が増えています。



クレジットカードは他人にほとんど見られるものではありません。実店舗で使う場合でも、店員さんがいちいち「楽天カード使ってるんだ」なんて思ったりすることはないです。



Yahoo!JAPANカードの券面リクルートカードの券面



楽天カード以外で選ぶなら、同じ還元率のYahoo!JAPANカードもおすすめです。Tポイントを貯められるカードで、同じく信販系になるので審査は甘いです。さらに高還元率のものを望むなら、通常1.2%のリクルートカードもアリ!電子マネーが付帯できないのがデメリットですが、チャージでポイントがもらえ、「もらえるモール」を利用すれば、ポイントの4重とりができちゃう超高還元率カードです。





審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて