審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


「クレジットカードがあればネットショッピングに便利そうだし、1枚ぐらいは持っておきたいなぁ」と思いませんか?同時に、と審査に通って欲しい!と思うはずです。審査に通ればなんでもいいのか、と言われると決してそうではありません。大事なのはクレジットカードを賢く使うことです。今、クレジットカードは新時代に突入していると言われています。「ポイントサービス」「電子マネー」の2つの登場によって新時代に突入しました。





ポイントが貯められるクレカで賢く使う


ここでいうポイントとは、クレジットカードを利用した際にクレジットカードの発行会社から付与されるポイントとは異なり、Tポイントをはじめ、PontaやRポイントといった共通ポイントサービスのことです。各ポイントと提携したお店で買い物をすることによって、貯まるポイントとなっています。



Tポイント,Ponta,ポンタ,楽天ポイント,Rポイント,スーパーポイント



例えば、Tポイントの場合、蔦屋をはじめ、現在では様々な飲食店、スポーツショップ、デパート、アパレル店、複合商業施設の利用で貯められるポイントとなっています。数あるポイントサービスの中でも、Tポイントは利用できるお店がかなり多いので、持っておいて損はないです。Tポイントが付帯したクレジットカードとして「Yahoo!JAPANカード」があります。



Tポイントに次ぐ勢力として注目されているのが、Pontaです。Pontaはローソンで使えることで知られていますが、他にもシェル、旅行関係ではJALやHIS、じゃらん、エンターテイメント関係ではHMVやGEO、他にも飲食店など様々なシーンで使えるようになっています。Pontaが付帯したクレジットカードとして「シェルPontaクレジットカード」や「JMBローソンPontaカード」があります。



今、急速に普及しはじめているポイントサービスがRポイントです。Rポイントは、楽天が提供しているポイントサービスで、楽天市場はもちろん、コンビニだとサンクスやサークルK、ガソリンスタンドだと出光や伊藤忠エネクス、家電量販店だとJoshin、デパートだと大丸や松坂屋で使えるなど、加盟店がここ数年でかなり増加してきていますので、今後、ポイントサービスの中心になること間違いなしです。Rポイントカード付帯のクレジットカードとして「楽天カード」があります。





電子マネー付帯クレカで賢く使う


電子マネー,Edy,WAON,nanaco,Suica,チャージ,ポイント


6大電子マネーが「楽天Edy」「iD」「QUICPay」「WAON」「nanaco」「Suica」と言われています。電子マネーのいいところは、キャッシュレスなこと、付帯されているクレジットカードからチャージすることでチャージポイントが貯まり、そして、利用でさらにポイントを貯められるので、ポイントの二重とりをすることができるところです。使い方次第で、かなりお得になります。




楽天Edy


Edyは、楽天市場に買収されたことで楽天Edyとなりました。「楽天カード」を持っていれば、楽天Edyを使うことができます。楽天カードでチャージすることで0.5%の還元となります。楽天スーパーポイントとも交換できるので、楽天市場を頻繁に利用される方は、普段のショッピング時に楽天Edyを利用しておけば、効率よくポイントを貯めることができます。




iD


iDは、ドコモが開発した電子マネーで、「dカード」「ライフカード」をはじめ様々なクレジットカードに対応しています。iDはポストペイ、つまり後払いの電子マネーなのでチャージが不要なのが魅力です。コンビニはもちろん、スーパー、ドラッグストア、本屋、タクシー、家電量販店など様々なシーンで利用できます。




QUICPay


QUICPayは、JCBが開発した電子マネーで、「セゾンカードインターナショナル」に付帯され、「リクルートカード」は紐付けできます。iDと同じくポストペイ型なのでチャージ不要です。




WAON


WAONは、イオングループで使える電子マネーですので、「イオンカード」に付帯されています。イオンカード“セレクト”を選ぶとカードの利用分と電子マネーの利用分でポイントの二重とりができます。イオングループを頻繁に利用される方におすすめです。




nanaco


nanacoは、セブン&アイグループに強い電子マネーで、「セブンカードプラス」に付帯され、「リクルートカード」は紐付けできます。全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使うことができます。




Suica


Suicaは、JR東日本が切符をなくしたいという思いで開発した電子マネーだと言われています。現在では全国各地の鉄道・駅構内で使える電子マネーです。コンビニなどでも支払いに使うことができます。「ビックカメラSuicaカード」に付帯されています。Suicaは利便性が高いですし、コンビニ等でチャージすることもできますが、オートチャージが自動改札機以外で使えないのは難点として挙げられています。手動でチャージすることもできますが、パソリ(FeliCaカードリーダー)が必要になるので、初期設定にある程度の費用がかかります。



ポイントが効率よく貯まることを考えると、楽天Edy、iD、QUICPayから選ぶのがおすすめです。





審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて