審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードの解説をする女性


日本でも徐々にクレジットカード文化が根付いてきています。インターネットショッピングサイトの利用普及に伴って、所有/利用は、以前より多くなっており、実店舗で使う方も増えるでしょう。ある調査では、クレジットカードの利用目的は7割以上がインターネットショッピングのみで、実店舗で使う人の割合は全体の2割程度しかいなかったようです。



古いお店などでは未だにクレジットカードの使用ができなかったりして、完全にクレジットカード文化が根付くまではもう少し時間がかかりそうです。



一方、海外へ目を向けてみれば、どこもかしこもクレジットカード決済が一般的です。日本だと「コンビニでクレカ決済はどうなの?」と思われてしまいがちですが、海外、特に欧米ではどんなに少額の買い物でもクレカ決済で店員さんに嫌な顔をされることはありません。





海外でクレジットカードを持つ意味とは?


信用度が高くなるから


信用度が高くなる


海外でクレジットカードの存在がここまで大きくなっている要因は、クレジットカードを持っている人=収入が安定している人=信用度が高い、とみなされているからです。日本では、どうしても、クレカ決済は面倒だというイメージが伴いますが、本来、商売をする側としては、消費者の信用度が高いほうが良いのに越したことはないはずですから、クレカ決済してもらうことで、確実に売上を確保できます。事実、クレジット(Credit)という言葉は「信頼」「信用」という意味があります。実に合理的な理由で、海外ではクレカ決済が浸透したということがわかると思います。




偽札が多く出回っているから


偽札が多くデマ回っている


信用度が高くなる、ということと少し似ているのですが、海外では偽札が多く出回っているため、クレカ決済のほうが安心して取引できる傾向が強いです。ドル札は20枚に1枚の割合で偽札、なんて定説があるぐらいですからね。実際に100ドル札の偽札が多いようで、アメリカだと小規模の店舗では、100ドルで支払うと拒否されることがあります。日本の銀行で両替した100ドル札をアメリカの銀行に入金しようとしたら「偽札」と判断され、拒否された、という実例もあるそう。




治安の問題から


治安の問題で


諸外国では「日本人は現金主義」ということがよく知られていて、そのせいで商品代金を高く請求されたり、お金を巻き上げられる、なんてことが実際によくあります。日本人に限ったことではないですが、注意しなければなりません。また、スリの多い国もとても多いですから、スリ防止のために現地では現金をあまり持ち歩かないという人が多いです。そうなると、必然的にクレジットカードを持つことになるんですよね。現金は持っていてもその日に使う分ぐらいです。


クレジットカードと治安の関係性がよくわかる話はこちら





余談ですが・・以前こんなニュースがありました


ここからは余談となりますが、以前、クレジットカードに関する驚きのニュースがありました。海外でクレジットカードは信用取引に使われる、ということはここまでの話で分かったと思いますが、それがゆえの問題です。



初音ミクTカード



日本では様々なデザインのクレジットカードが発行されていて、その中にアニメのキャラクターをデザインしたクレジットカードも多く発行されるようになっています。海外ではクレジットカード=厳正なもの、というイメージが染み付いているので、クレジットカードにアニメのキャラクターがデザインされているなんてことは邪道だと考えたり、そもそもありえないと思っている人が多いのです。



そして、2013年にアメリカを旅行したある男性がアニメのキャラクターがデザインされたクレジットカードを利用し、詐欺の疑いで逮捕されたという事件が起こりました。偽造されたカードだと思われてしまったようです・・。後日、発行元の会社は逮捕されたしまった男性と賠償についての話し合いをしたそうですが、このようなことが実際に起こっているので、無難なデザインのカードを選びたいですね。




海外でも安心して使える審査が甘いクレジットカードはこちら






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて