審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


日本でも徐々にクレジットカード文化が少しずつ根付いてきています。インターネットショッピングサイトの利用普及に伴って、所有or利用は、以前より着実に増えており、実店舗で使う方も今後増えてくるでしょう。ある調査では、クレジットカードの利用目的は7割以上がインターネットショッピングのみで、実店舗で使う人の割合は全体の2割程度しかいなかったようです。



古いお店などでは未だにクレジットカードの使用ができなかったりして、完全にクレジットカード文化が根付くまではもう少し時間がかかりそうです。消費者の意識改革はもちろんのこと、売り手の意識改革もクレジットカード文化を根付かせる上で重要になりそうです。



一方、海外へ目を向けてみれば、どこもかしこもクレジットカード決済できるようになっています。日本だと「コンビニでクレジットカード決済はどうなの?」と思われてしまいがちですが、海外、特に欧米ではどんなに少額の買い物でもクレジットカード決済で店員さんに嫌な顔をされることはありません。





海外でクレジットカードが普及している理由


どうして、日本はここまでクレジットカードに関して海外から遅れをとってしまっているのでしょうか。現金主義が多いことは理由の一つとして挙げられますが、それは日本以外の国でも一緒だったはずです。どこの国も貨幣経済(貨幣によって商品を交換すること)なので、現金を使うことは自然な流れです。海外で現金がクレジットカードに取って代わったのには、様々な理由がありました。




信用度が高いと認知されるから


クレジット=信用という意識が根付いている


海外でクレジットカードの存在がここまで大きくなっている要因は、クレジットカードを持っている人=収入が安定している人=信用度が高い、と認知されているからです。



商売をする側として、確実にしなければならないのがサービスに対する代金の回収です。消費者の手持ちが不足していて現金で回収できなかった場合、どうやって回収しますか?これから購入するものならお断りできますが、すでに提供してしまったもの(食事など)はどうでしょう?代金は回収しなければならないのに、そのノウハウがないので「代金は後日お願い致します」などと言うしかありません。ツケ文化なんかまさにこの例ですよね。



商売をする側としては、消費者の信用度が高いほうが良いのに越したことはないのです。クレジットカードで決済してもらうことで、確実に代金を回収できるようになります。クレジットカード決済された時点で回収はクレジットカード会社が請け負うので、回収の心配しなくて済むのは商売をする側として大きなメリットとなります。



クレジットカードの“クレジット(Credit)”という言葉には「信頼」「信用」という意味があります。実に合理的な理由で、海外ではクレジットカード決済が浸透したことがわかると思います。





偽札が多く出回っているから


偽札が多く出回っているのでクレジットカードのほうが安心


信用度が高くなることと少し似ているのですが、海外では偽札が多く出回っているため、クレジットカード決済のほうが安心して取引できる傾向が強いです。



一説によれば、米ドル札は20枚に1枚の割合で偽札、なんて噂があるぐらい、紙幣に対する警戒心が強いです。100米ドル札の偽札も多いようで、アメリカの小規模店舗では、100ドル紙幣の受け取りを拒否することがあります。日本の銀行で両替した100ドル札をアメリカで使おうとしたら、「キレイすぎるから偽札だ」と言われてしまった、なんて実例もあるそうです。



ピン札は、特に警戒されやすいです。萎れた紙幣は、市場に長く流通していたと認識されるため、ピン札よりもむしろ萎れた紙幣を使うほうが信用度が高いと思われることさえあります。日本人には理解できない感覚ですが、これは海外では普通のことです。





治安が良くないから


スリなどに備えてあえて現金を持ち歩かない


一部の国では「日本人は現金主義だから現金をたくさん持っている」ということがよく知られていて、そのせいで商品代金を高く請求されたり、お金を巻き上げられる、なんてことがよくあります。日本人に限ったことではないですが、注意しなければなりません。



また、日本に比べてスリが頻発する国がとても多いです。スリ防止のために現地人はあえて現金をあまり持ち歩きません。そうなると、必然的にクレジットカードを持つことになるわけです。現金を持っていたとしても、その日に使う分ぐらいです。これもまた合理的な考え方だといえますよね。



クレジットカードであれば、紛失してしまい不正利用されても、補償される可能性が高いです。現金なら、落として勝手に使われたら何も補償されず、自己責任となります。日本で財布を落としたときに交番に届けられて戻ってきた話を外国人が嬉しそうに語るのはそうした理由からなのです。





余談:以前こんなニュースがありました


ここからは余談となりますが、以前、クレジットカードに関する驚きのニュースがありました。海外でクレジットカードは信用取引に使われる、ということはここまでの話で分かったと思いますが、それがゆえの問題です。



アイマスVISAカード



日本では様々なデザインのクレジットカードが発行されていて、その中にアニメのキャラクターをデザインしたクレジットカードも多く発行されるようになっています。海外ではクレジットカード=厳正なもの、というイメージが浸透しているので、クレジットカードにアニメのキャラクターがデザインされているなんて発想はなく、そもそもありえないと思っている人が多いです。



そして、事件は起こりました...。2013年、アメリカ旅行中の男性がアニメのキャラクターがデザインされたクレジットカードを利用し、詐欺の疑いで逮捕されたのです。実はこれ、偽造されたカードだと思われてしまったことが原因のようです。後日、カード発行元の会社は逮捕されてしまった男性と賠償についての話し合いをしたそうですが、このようなことが実際に起こっているので、できるだけ無難なデザインのカードを選びたいところです。



海外でも安心して使える審査が甘いクレジットカードはこちら






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて