審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードの解説をする女性


クレジットカードを作るうえで大きな壁となるのが「審査」です。クレジットカードは、本来、誰でも作れるものですが、後払いになることや、キャッシングサービスが付帯されているため(簡単にいえば借り入れができるシステム)、ある一定の基準・条件を満たしていなければなりません。



このサイトでは審査が甘いクレジットカードをご紹介していますが、いくら審査が甘くても基準を満たしていなければ審査に合格することはできません。



まだあまり知られていないクレジットカード審査の基準項目をすべて公開しています。例えば、ウェブから申し込みをするとき、必要事項をいくつか入力するわけですが、それ自体がもうすでに審査項目になっている、ということを知っていましたか?各項目にどのような意味があるのか、詳しくみてみます。





氏名


クレジットカードは、持ち主があってこそ使えるものですから、当然、氏名は必要になります。審査に伴い、免許証や保険証、パスポートなどを用いて本人確認を行なうことが多いので、正確に入力しましょう。本人確認がとれない限り、クレジットカードは発行してもらえません。ご結婚や離婚などで、名字に変更がある場合は、お役所で本人確認書類の変更を速やかに行っておくようにしましょう。





生年月日


生年月日は、年齢を確認するための項目です。クレジットカードは、高校生を除く18歳以上から作れるものですので、18歳未満は作ることができません。運転免許証などで本人確認を行なうため、虚偽は見抜かれます。またクレジットカードによっては、満20歳以上、満30歳以上といったように年齢制限をかけているものもあるので、事前に確認する必要があります。年齢制限があるものは審査が少し厳しいと判断することができます。





性別


クレジットカードは、基本的に本人しか使えませんので、性別も大事な項目です。店頭で性別の異なる方が利用しようとした場合、利用できない可能性が出てきます。クレジットカードの裏面には氏名を記載するところがありますので、名前から利用者と所有者の性別の判断が可能です。不正利用を防ぐ意味でも正しい性別の申告が求められます。





独身 or 既婚(配偶者の有無)


独身のほうが審査では有利と言われることがある


クレジットカードは、後払いというシステム(翌月一括払いまたはリボ払い)を採用しているので、いわば、一時的に借金をする形になります。本人が万が一、返済できなくなった場合、既婚者であれば、配偶者の収入を頼りにすることが可能です。返済能力を判断するための項目の一つです。本人以外に誰かに連絡ができるかどうか、というのが一つのポイントになるわけです。





住所


カードの発行をしたり、請求書を送付するために必要な項目です。住所が審査に影響を与えることはないですが、最短でカードを受け取れなかったり、更新時に新しいカードを受け取れない可能性も出てきたりしますので、現住所を正確に申告しましょう。引っ越し後は速やかに新しい住所を申告する必要があります。





自宅/携帯の電話番号


電話番号の入力は本人確認の際に必要


即日発行をしているクレジットカードの場合、本人確認をとらなければならないので、必然的に必要な項目になります。即日発行可以外のクレジットカードでも、確認のために電話をすることがあるので正確に申告しましょう。カードの種類によってはセールスの電話をかけてくることもありますが、丁重に断ればいいだけの話です。





勤務先の名称/住所/電話番号


勤務先の名称と勤務先の住所、勤務先の電話番号の入力は、在籍確認のために申告必須です。在籍確認の方法は、審査の担当者によって違いますが、電話番号が必要なのは、電話をかけて、直接、勤務先に在籍確認をとるためです。自営業者などで在宅勤務の場合は、自宅の住所を勤務先に入力しましょう。電話をプライベート用と事業用で分けている場合は、事業用のものを入力すればいいです。クレジットカードには必ず審査があり、在籍確認も行いますので正確に申告しましょう。





勤続年数


勤続年数は長ければ長いほうが合格率も上がる


クレジットカードを持つことは信用の証みたいなものなので、勤続年数が長いほど信用度が高く、返済能力が高いと判断され、良い審査結果をもらいやすくなります。稀に虚偽をする方がいますが、勤務先や住所電話番号を入力する項目があり、担当者が問い合わせることが可能なので、虚偽の申告は通用しません。良い審査結果をもらうには、最低でも1年以上の勤続年数であることが求められます。5年、10年以上となればかなり信用度は高いです。





月収 or 年収


クレジットカードを作るには、返済能力があることを第一に求められます。各社、月収や年収の最低ラインを設けており、これをクリアすることが審査通過の条件となります。それでも、年収100万円台後半〜300万円もあれば十分で、パート・アルバイトでもカードは作れます。配偶者の属性次第では、ほとんど収入のない専業主婦でも作ることができます。一方で、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードは年収の最低ラインがあり、ブラックカードにもなってくるとインビテーション(招待)がないと作れないことが多いです。





雇用形態


雇用形態は正社員が最も信頼度が高いが派遣社員や契約社員、パート・アルバイトでも審査には通る


雇用形態は、信用度/評価を判断する、審査通過のための大切な項目となります。パートアルバイト<派遣社員<契約社員<正社員の順番で信用度が増します。安泰なのは正社員です。自営業は収入に収入に波があると判断されやすいため、信用度は実は低いです。専業主婦はご自身よりも配偶者の属性や収入、勤続年数から信用度を確認していきます。ただ、この項目は、単に信用度の高さを示すだけで、パート・アルバイトだからといって審査に落ちるわけではないのでご安心を。正社員になってまだ数ヶ月の方よりも、パート・アルバイトを5年以上続けている方のほうが、一般的には信用度は高いと判断されます。





職種


職種は、営業、SE、接客、総務、人事、経理、財務、医療、保育、などといったものですね。大きな比重を占めるとは言い切れませんが、一般的な常識でいえば、スーパーの接客業よりも、医者などの専門職のほうが年収が高い傾向にあるといえますよね?このあたりがひとつの判断基準になることはありえます。職種だったら勤続年数のほうが重視されるので、この項目による影響はほとんどないと思っていいです。申込者の属性をより細かく知るための項目に過ぎません。





業種


業種は、大きな影響は与えません。例えば、同じ上場企業の製造業でも、黒字のところがあれば、赤字続きのところもあるわけで、業種で審査の不利になったり、有利になることはないです。あくまで、勤務先がどのような業種であるかを確認するためだけの項目です。





住居区分


住居区分は独身かつ親と同居しているのが有利に働く可能性がある


住居区分は、大きく4つに分けられ、そこから信用度を判断することができます。独身かつ親と別居<既婚かつ親と別居<既婚かつ親と同居<独身かつ親と同居、の順で信用度が高くなります。一見、独身だと信用度が低い感じがしますが、親と同居していることで世帯年収が多い、と判断できるので、返済能力が高いとみなされます。一般的に、未婚or既婚だからといって審査に大きく影響が出ることはないですが、配偶者がいるのであれば、正確な申告が求められます。





住居形態


持ち家、賃貸マンション、アパート、貸家、などの選択肢があります。持ち家の場合、自分所有か配偶者所有、それ以外かをさらに選択できます。自分所有の持ち家の場合、住宅ローンを抱えていると判断することができますが、住宅ローンは実はそこまで審査に影響してこないのであまり気にしなくても大丈夫です。





世帯人数


同じ生計で暮らしている人数のことです。簡単にいえば、家族の人数です。家族がいることがわかる項目なので、返済能力の有無を判断する要素の一つとなります。





世帯収入


世帯収入


世帯人数全員の合計を月または年単位で入力します。申込者本人に収入が全くない場合、世帯収入から返済能力の有無を判断していくことになります。特に学生や専業主婦といった、収入が少ないorない方にとっては重要な項目となってきます。世帯収入が全くなければ、審査の甘いクレジットカードでも、学生や専業主婦が作るのは難しいです。





入居期間


入居期間は長ければ長いほど返済能力が高いと判断されやすい


例えば、賃貸物件に4〜6年、と比較的長く入居されている方は、家賃や光熱費を滞りなく支払うことができている、と判断でき、支払い能力が高いと判断されます。逆に、入居してまもない方だと、返済能力の有無を入居期間だけでは判断できないです。ただ、誰でも引越しはするものですから、この場合でも審査に不利に働くことはありません。引越しのタイミングで新しくカードを申し込むのはよくあることです。





ローンの有無


住宅ローンや自動車ローンというと、少し聞こえがいいですが、ローンは言ってみれば借金の一種です。借金はないほうが信用度は高いと言えそうです。住宅ローンが多く残っている場合は、信用度が少し下がってしまう可能性があります。逆に住宅ローンがある場合でも、残り少ないのであれば、支払い能力があると判断できます。過去にたくさん支払ってきたのですからね。それでも、住宅ローンや自動車ローンは、そこまで審査に影響を与えないので心配ありません。





ブランド選択


審査に時間をかけないVISAがおすすめ


「VISA」や「JCB」、「Mastercard」といったブランドからお好きなものを選択することになります。選択できるものなら、「VISA」がおすすめです。カードによってはVISAは即日発行が可能なのに、JCBでは即日発行できない、といった事例があるように、JCBは審査に時間をかける傾向にあるためです。審査時間が短いほうが、審査の難易度は低いと判断できます。





電子マネー付帯の有無


電子マネーが付帯できるカードは、付帯するかしないかを選択できます。これが直接審査に影響を与えることはありませんが、利便性の面から、電子マネーは付帯したほうがいいです。電子マネーの種類が複数選べるものもありますので、そのお店で使えるものを選ぶと良いでしょう。





キャッシングの希望可能枠


キャッシング枠を0円にすると審査に通りやすくなる可能性がある


カードによっては、キャッシングを設定できますが、かなり重要な選択肢となることを覚えておきましょう。キャッシング枠を設定すると審査が厳しくなり、逆にキャッシングを0円にすることで審査に通りやすくなる傾向があります。キャッシング目的でないかぎりは、基本的にキャッシング枠を設ける必要はありません。





リボ払いの設定


リボ払いは月々の支払い方法を自分で決められる方法ですが、手数料が嵩むので、個人的にはあまりおすすめできません。初期設定でリボ払いになっているカードもありますので、その場合は申込字に変更するか、申込後でも一括返済に変更することが可能です。





貯蓄額


多くはないですが、貯蓄額の申告を求められる場合もあります。多いからといって審査に有利になるわけではないので、正直に申告したほうがいいです。貯蓄が全くない方も、虚偽申告するよりは正直に「無し」と申告したほうがいいです。





審査が甘いクレジットカードの比較はこちら






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて