審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードを選ぶときに多くの方は還元率を気にするはずです。還元率が高ければ高いほどポイントをたくさんもらえることになりますので、還元率で比較するのは賢いです。しかし、近頃は高還元率カードが減ってきており、その代わりに付加価値を求める方が増えています。



付加価値があるのかどうかを判断する方法として、一つ参考になるのは国際ブランドで比較することです。VISAやMastercard、JCBといった名の知れた国際ブランドを選ぶのは決して悪くないですが、付加価値があるかと言われると疑問が残ります。


クレジットカードの国際ブランド


そこで注目されているのがステータスに定評のある「American Express(アメリカン・エキスプレス)」です。「アメックス」と略称で呼ばれることもあります。実はあまり知られていないアメリカン・エキスプレスのメリット・デメリットを今回は紹介していきます。





国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」のメリット


正直に言えば、国際ブランドを気にしない方は多いです。しかし、国際ブランドを気にする方はアメリカン・エキスプレスを好んで選んでいます。その最たる理由は、アメリカン・エキスプレスに様々なメリットがあることを知っているからです。では、どのようなメリットがあるのでしょうか。





アメックス発行のプロパーカードがある



国際ブランド発行の正真正銘のプロパーカード



まず注目すべきなのは、アメリカン・エキスプレスは国際ブランドでありながらクレジットカードを発行しているため、アメリカン・エキスプレスブランドのカード全般がプロパーカードであるということです。プロパーカードとは国際ブランドが直接発行するクレジットカードのことで、審査が厳しいため、ステータスが高いとして非常に人気があります。



「それならVISAやMastercardでもいいんじゃないの?」という疑問が生まれてくるでしょうが、VISAとMastercardは国際ブランドですがクレジットカードの発行を行っておらず、様々なカード会社と提携する形でクレジットカードが発行されていますので、この2つの国際ブランドからは正式にはプロパーカードは発行されていません。



現在、国内でプロパーカードを発行している国際ブランドはJCBとダイナースクラブ、そしてこのアメリカン・エキスプレスしかありませんので、アメリカン・エキスプレスブランドのカードを保有するだけである程度のステータスを感じられるのが大きなメリットとなっています。





ステータスが突出している



最高ステータスのブラックカードを発行している



国際ブランドとしてプロパーカードを発行しているアメリカン・エキスプレスが高ステータスであることは先述したとおりです。クレジットカードはもともと限られた人しか持つことができなかったため、誕生した当初はカードを保有する=ステータスが高いと証明できたのですが、現代においてはほとんどの方がカードを保有することができるので、保有=ステータスとは言えなくなっています。そのため、ステータスの高いカード=審査難易度が高いカードとして認識されるようになっています。



アメリカン・エキスプレスは他の国際ブランドと比較すると審査が厳正に行われる傾向があり、未だ審査難易度は高いので、アメリカン・エキスプレスブランドのカードを保有することでステータスの高さを感じることができるでしょう。



アメリカン・エキスプレスが特にステータスが突出していると言われているのは、プラチナカードの「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」やブラックカードの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」が用意されているためです。



最近でこそプラチナカードは各カード会社が発行するようになってきていますが、ブラックカードに限っては発行しているカード会社は未だに数えるほどしかなく、その中でもアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは国際ブランドが発行するプロパーカードのブラックカードとなりますので、他の提携カードのブラックカードよりもステータスが突出して高くなっています。



アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは年会費だけでも35万円(入会金50万円)と高額であることに加え、米国本社の審査部での承認が必要と言われているため、特に審査は厳しくなっています。日本支社→米国本社の順序で審査に通過する必要があるため、より厳しく審査されます。限られた者しか保有することが許されないのがアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードなのです。そこにステータスがないわけがないというか、これ以上ステータスの高いカードは他にありません。





高ランクカードは特にサービスが充実している



他社の上位ランク級のサービスを受けられる



アメリカン・エキスプレスは提携カード(流通系や信販系のカード会社と提携して発行されるカード)が多いですが、国際ブランドのアメリカン・エキスプレスとして発行されるプロパーカードは実は数種類しかありません。なぜ、その数種類のカードに人々が群がるのかというと、答えは非常にシンプルで、サービスが充実しているためです。高ランクカードは特にサービスが充実していると定評があります。



ゴールドカードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の場合でも、空港ラウンジの無料利用(同伴者1名まで無料)、年2回までプライオリティパスのラウンジ無料利用、手荷物の往復無料宅配といったサービスを受けることができます。これは他社のゴールドカードでは難しいレベルのサービス内容です。



審査がさほど厳しくないゴールドカードだとプライオリティパスがなかったり、手荷物宅配が往復どちらか一方だけ無料もしくは割引といった内容まで落ちてしまうこともあるぐらいです。



アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに乗り換えたらホテルの部屋がグレードアップされたという話もあるぐらい、サービスは充実しています。その他、期間限定のキャンペーンや特典も多いので上手に利用すればかなりお得になります。



ブラックカードの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」になると、同ブランドのゴールドカードやプラチナカードのサービスに加え、営業時間終了後に貸し切りでショッピング、有名ホテルの上級会員の資格付与、空港までの送迎、専任のコンシェルジュサービス、チタンカードの発行といった他の高ステータスカードでも受けられない特別なサービスを受けられるようになっています。



これらの上質なサービスを受けたいがために多くのアメリカン・エキスプレスブランドのカード保有者はより高ランクカード取得を目指し、日々カード決済に利用し、インビテーションが届くのを心待ちにしているのです。





利用限度額が高く設定されやすい



利用限度額500万円以上も夢ではない



アメリカン・エキスプレスブランドのカードは全体的にステータスが高く、そして、サービスが充実していることはご存知のとおりですが、実はもう一つ大きなメリットがあります。それは、利用限度額が高く設定されやすい傾向があるということです。



これは全ての方に言えるわけではありませんが、例えば、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」に乗り換えたら利用限度額500万円に設定された、という方も実際にいました。利用限度額500万円という数字は、他社のプラチナカードでも厳しい設定金額で、それがゴールドカードで実現されているので、いかに利用限度額が高く設定されやすいかを物語っています。



また、他の方を例にとると、入会1ヶ月目は限度額が100万円で、入会3ヶ月目までに350万円、入会6ヶ月目以降は限度額が850万円になった方もいました。この方はクレジットカードを頻繁に利用される仕事柄ということでこれだけ多くの金額を使う必要があったそうです。



実際にこれだけの金額を使う方はほんの一握りでしょうし、十分すぎる金額です。言い換えると、アメリカン・エキスプレスは顧客が満足できる利用金額を設定してくれる国際ブランドと評価できます。このような柔軟な対応ができるのは、事前に審査を厳しく行い、会員の返済能力をしっかりと見極めているからなのかもしれません。





インビテーションを受け取れる可能性がある



インビテーションが来れば上位ランクへの切替がスムーズに



インビテーションとは上位ランクのカードへの招待のことです。お持ちのカードをある程度の期間保有し、ある程度の金額をご利用の方を対象にカード会社が会員へインビテーション(招待)を送り、会員が希望すれば上位ランクへ切り替えができるシステムとなっています。



通常、高ステータスカードはより厳しい審査を突破する必要がありますが、インビテーションが届けば基本的に審査に落ちることなく高ステータスカードを手に入れることができますので、これも大きなメリットといえるでしょう。



余談ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは限度額が足りないと感じた方がおりまして、その方は入会3ヶ月目にプラチナカードへの切り替えを相談されたそうですが、そのときのカード会社の返答が「プラチナカードはゴールドカードを1年以上ご利用いただいた方への招待制となっております」と言われたとのことなので、インビテーションを受け取るにはお持ちのカードを最低でも1年間保有し、ある程度の金額を利用する必要があると言えそうです。





実は加盟店が意外と多いので使いやすい



JCBと提携しているので多くのカード加盟店で利用できる



「アメックスは加盟店が少ないから使いにくい」これは昔からよく言われてきたことです。今でもそのように言われることが多いのはアメリカン・エキスプレスの世界シェアが4位とライバルであるVISAやMastercardには遠く及ばないシェア率であるためですが、実は状況は大きく変化しています。



というのは、アメリカン・エキスプレスは2000年にJCBと加盟店開放契約を結んだ=提携したことでJCB加盟店でもアメリカン・エキスプレスを利用できるようになったからです。JCBは日本で絶大なシェアを誇る国際ブランドで、日本国内のクレジットカード加盟店のほとんどはJCBを取り扱っていることを考えると、多くのクレジットカード加盟店でアメリカン・エキスプレスが利用できるようになっていると言え、以前のような使いにくさを感じなくなっています。



ただし、JCBと提携したからといって全てのJCB加盟店で利用できるわけではないことに注意しなければなりません。こんな事例もあります。本来は利用できるはずなのに店員さんが利用できることを知らない、店舗の決済システムを理由に利用不可となる、カード代理店がアメリカン・エキスプレスに対応していない場合があったりするので、アメリカン・エキスプレスブランドのカード保有者は店頭で決済する際、利用できる旨を確認する癖をつけたほうがいいでしょう。





先進国で特に安心して使える



アメックスは各国で信頼の証



アメリカン・エキスプレスブランドのカードはもともと富裕層向けに作れた性質があるので、富裕層の多い先進国では特に安心して使える一面を持っています。日本でもアメリカン・エキスプレスブランドのカードはステータスが高いカードとして認知されていますが、海外では日本以上にステータスの高さが認知されているカードのため、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード以上となってくるとかなり好印象を与えることができます。



話は少し逸れますが、クレジットカードのクレジット(Credit)には信用という意味があることをご存知でしたか。諸外国では偽札が多く出回っており、現金決済を好まない国もあります。そうした国ではクレジットカード決済が安心できる決済方法として好まれています。そういった場面で、アメリカン・エキスプレスのようなステータスの高い=信用に値するカードを差し出すことによって、カード1枚で相手を信用させることができるのです。知らない国で知らない人と取引をするのですから、カード1枚で相手を安心させることができるのは大きなメリットといえます。



話をもとに戻しますが、アメリカン・エキスプレスブランドのカードには当然のように旅行傷害保険が付帯しており、さらに航空便遅延費用補償や受託手荷物遅延・紛失補償、500万円までのショッピング保険など各種保険が付帯していますので、海外旅行時も安心して利用できるようになっています。国内はもちろん、海外でも不便なく利用できる国際ブランドというわけです。むしろ、海外利用時のほうが活きる可能性が高いです。





Apple Payを利用できる



Apple Payに対応し利便性アップ



より身近なことでいえば、アメリカン・エキスプレスでApple Payが利用できることは大きなメリットの一つです。まず、Apple Payの仕組みを簡単に解説しておくと、iPhoneなどのアップル端末にクレジットカード情報を取り込み、端末を読み込み端末にかざすだけで決済できる仕組みのことを言います。つまり、スマホ一つでコンビニやデパートで決済したり、改札を通過できるようになるということです。



Apple Payの発表当初はアメリカン・エキスプレスは対応していませんでしたが、2017年3月1日よりApple Payが利用可能になったことで、多くのアメリカン・エキスプレスブランドのカード保有者は歓喜しました。



アメリカン・エキスプレスがApple Payで利用できる電子マネーは「QUICPay(クイックペイ)」です。QUICPayの決済に対応した店舗やレジで「QUICPayでお願いします」と一言かけるだけでスマホ一つで簡単に決済できるようになりますので、小銭を出す手間が省けます。決済時に指紋認証および顔認証が必要なので、本人のみ利用できます。



アメリカン・エキスプレスブランドのカードをiPhoneに取り込めば、Suicaへのチャージも可能で、電車やバス、タクシー内で残高不足に気づいたときも瞬時にiPhoneからSuicaはチャージできるので、残高不足の心配は減りました。電子マネーの決済時には認証が必要ですが、Suicaは認証不要なので、瞬時に決済できるのが大きなメリットです。





国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」のデメリット


ここまでアメリカン・エキスプレスのメリットをたくさん挙げてきましたが、当然ながら、デメリットもいくつかあります。デメリットを知っておくことでアメリカン・エキスプレスの価値を再認識することができますので、デメリットについてもしっかりと確認しておくようにしましょう。





年会費が高い



年会費が高いのはサービスが充実しているから



アメリカン・エキスプレスのプロパーカードは他のクレジットカードと比べて年会費が高いです。一般カードの「アメリカン・エキスプレス・カード」で年会費12,000円、ゴールドカードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」で年会費29,000円、プラチナカードの「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」で年会費130,000円、ブラックカードの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」で年会費350,000円と上位ランクのカードになるにつれて高額な価格設定となっています。ちなみに税抜価格です。



年会費だけをみれば高いイメージは避けられないでしょう。しかし、年会費が高いのにはちゃんとした理由があります。アメリカン・エキスプレスは会員向けサービスや特典が非常に充実しているため、高い年会費を低評価の理由にされる会員は実は少ないです。



メリットでも取り上げたように、空港ラウンジの無料利用やプライオリティパス、手荷物の往復無料宅配、各種保険など様々なサービスを受けることができるので、実際のところ、年会費を高く感じない方は多いです。しかしながら、旅行に関連したサービスが多いため、旅行を頻繁にされない方にとってはこの価格設定は高いと感じるかもしれません。ある人にはメリットでも、ある人にとってはデメリットであるというのは仕方ないことです。それがカードの個性であり、カード選びの決め手となる要素です。





ポイント還元率があまり高くない



ポイント還元率は高くないがポイントは貯めやすい



一般カードの「アメリカン・エキスプレス・カード」とゴールドカードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」ポイント還元率は0.33〜0.5%となっています。0.75〜1.25%程度のポイント還元率を誇る年会費無料のクレジットカードが多く登場している中でこの数字なので、ポイント還元率は決して高くないです。



0.33〜0.5%という数字だけみるとむしろ低いと感じるかもしれません。しかし、近年はポイント還元率の改悪案件が多くなっており、中には1.75%だった還元率が1.25%まで下がるという案件があり、0.75%でも高還元率と言われる時代になってきていますので、そう考えると0.5%という還元率は悪くなくなってきていると考えるべきではないでしょうか。



また、ポイントの有効期限が入会費より3年間となっていますが、一度でもポイント交換をすればポイントの有効期限は無期限になりますので、有効期限をあまり気にしなくていいのはメリットです。



アメリカン・エキスプレスブランドのカードの場合、使い方によってはお得にポイントを貯めることが可能です。年会費3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入し、航空会社への支払いに充てる1ポイント=1円で利用でき、ポイント還元率が1.0%になるので、飛行機をよく使われる方はこのテクニックをぜひとも覚えておきたいものです。メンバーシップ・リワード・プラスはポイントの有効期限が無期限です。





オペレーターの対応にムラがある



オペレーターには当たり外れがある



これは特にゴールドカードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のレビューの声で多い事例ですが、オペレーターの対応に関して不満の声が上がっています。多いのは、繋がりにくい、対応が悪かった、期待していた対応をしてもらえなかった、正しい日本語を使えていない、といった内容です。



カード会員数が増え、それに伴いオペレーターも増員したいものですが、現実はそうもいかないのでしょう。無理に増員したところで、サービスの質が低下してしまうのは目に見えています。それが現状の不満に繋がっていると予測できます。



中には対応が良かったと感じる方もいるだけにオペレーター対応がすべて悪いとは言い切れませんが、残念ながらムラがあるのは事実です。オペレーターの質にムラがあるのはどこのカード会社でも同じですが、ステータスの高いアメリカン・エキスプレスにはさらなるサービスの質の向上を目指してもらいたいものです。





提携カードはステータスがさほど高くない



提携カードはプロパーカードに比べステータスがいまいち



クレジットカードはプロパーカードと提携カードの2種類に大きく分けることができます。プロパーカードは国際ブランドが発行しているクレジットカードのことで、提携カードは国際ブランドとカード会社が提携したうえでカード会社が発行しているクレジットカードのことです。



一般的にステータスが高いのは審査がより厳しく行われるプロパーカードのほうで、提携カードはプロパーカードと比較するとどうしてもステータスが低くなりがちです。アメリカン・エキスプレスにはプロパーカードと提携カードがあり、ステータスが高いのはプロパーカードとなりますので、たとえアメリカン・エキスプレスブランドでも提携カードとなるとステータスはあまり高くないということになります。



提携カードの一例として「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」「JALアメリカン・エキスプレス・カード」「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」「SPG アメリカン・エキスプレス・カード」などがあります。これらのカードが他のクレジットカードと比較して全てステータスが低くなるとは言い切れませんが、アメリカン・エキスプレスブランドのプロパーカードと比べるとどうしてもステータスは劣ってしまう部分があります。





途上国では未だに利用できないシーンがある



アメックスでも利用できないシーンはある



アメリカン・エキスプレスブランドのカードはもともと富裕層のために作れたクレジットカードですので、東南アジアや中東など経済の発展が著しくない発展途上国ではアメリカン・エキスプレスが利用できないシーンが未だ残っているのが課題です。



アメリカン・エキスプレスは今後も富裕層を相手にサービスを展開していくことに変わりないでしょうから、世界各国を歩き回るような方にとってはアメリカン・エキスプレスブランドのカード1枚だけでは不便に感じるシーンが出てきてしまうかもしれません。アメリカン・エキスプレスブランドのカード保有者は、備えとしてVISAやMastercardも1〜2枚は保有しておきたいのが本音です。





国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」を総評


ここまで国際ブランドとしてのアメリカン・エキスプレスのメリットやデメリットをたくさん紹介してきました。皆さんはアメリカン・エキスプレスをどのように評価しましたか。ここからは筆者の個人的な総評になりますので、ご了承ください。



アメックスの上位ランクは紛れもない高ステータスカード



筆者はアメリカン・エキスプレスのステータスを全体的に高く評価しています。国際ブランドが発行するプロパーカードですので、なんと言ってもステータスの高さには定評があります。審査は未だに厳しく行われており、一般カードでさえ審査に落ちてしまう層は一定数いますので、ゴールドカード以上でそれなりのステータスを獲得できるといえます。プラチナカードやブラックカードは招待制なので、紛れもなく高ステータスカードです。



筆者の体験談ですが、お会計時にアメリカン・エキスプレスブランドのカードを差し出したところ知人から「おっ!」と驚きの反応をされたことがあります。クレジットカードにそこまで詳しくない人でもアメリカン・エキスプレスブランドのカードの存在を知っていたりするものなのか、と認識した瞬間でした。



「加盟店が少ないイメージがあって使い勝手が悪そう」と感じる方は多いかもしれませんが、メリットでも取り上げたようにJCBと加盟店開放契約を結んでいますので、JCB加盟店の多くでアメリカン・エキスプレスが利用できるようになっていることを考えると実際の利用シーンで困ることは少なくなってきています。



海外旅行を頻繁にされる方は1枚持っておくと本当に便利です。アメリカン・エキスプレスは先進国で安心して利用できるだけでなく、海外旅行傷害保険の補償内容がゴールドカードで普通のプラチナカード級の内容となっていますし、カードのランクによっては空港ラウンジの無料利用やプライオリティパスの発行、手荷物の往復無料宅配など、旅行をするうえで必要なサービスを無料で受けられるのは大きなメリットでしかありません。



日常使いで考えればたしかにポイント還元率が低いのはデメリットでしょう。ただ、もともと富裕層向けに作れたクレジットカードですので、ポイント還元率をおまけぐらいに思える方でないとアメリカン・エキスプレスのメリットは享受しにくいはずです。そういうカードだと割り切ることが大事です。



ステータスとサービスが目的ならアメックスを作る価値がある



結論としては、ポイント還元率を度外視することができ、高いステータスを実感するため、及び、高品質なサービスを受けるために高い年会費を払うことをものともしない方であれば、アメリカン・エキスプレスブランドのカードを作る価値があるといえるでしょう。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて