審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


JCBが発表した「クレジットカードに関する総合調査」によれば、クレジットカード保有率は85.1%で、保有者1人あたりの保有枚数は3.2枚とのこと。



8割を超える方がクレジットカードを保有している時代なので、保有していない方は圧倒的な少数派ということになります。ただ、クレジットカードを保有しているのに全く使わない方がいるのも事実。そこで今回はクレジットカードを使う派と使わない派で討論をしてもらったので、その結果をお伝えします。



※左側がカード派のAさん、右側が現金派のBさんです。



いきなり聞いちゃいますが、どうしてクレジットカードを使わないんですか?


う〜ん、作ったはいいものの、使う場面に遭遇しないんですよね。現金でも全然困らないですし。


コンビニでも使いませんか?


使いませんね。少額の決済にカードを使うのってなんだか申し訳ないと思いませんか?


え、それはどうして?


前に少し調べたことがあるのですが、クレジットカードが使えるお店って加盟店手数料?ってものをカード会社に払っているらしくて、少額のカード決済だと迷惑がかかるんじゃないかと...。


そうらしいですけど、私たちがそこまで考える必要はあるんですかね??


お店をやってる古くからの知人がいて、その知人のお店でもカードが使えないんです。それで、理由を聞いてみたらやっぱり加盟店手数料というものがネックになっていると言ってて、それ以来気になってしまうようになって...。


でも、カードが使えるのに越したことはないと思いませんか?


いえ、現金でお金が払えるわけですから、無理にカードで払う必要はないんじゃないかと思います。


たぶんそれってクレジットカードの便利さに気づけていなんだと思いますよ。


というと?


もう少しで消費税が10%になるから今よりは良くなるかもしれないですけど、8%時代の今って会計時に端数が1〜9円になることが多くて、お釣りでもらう小銭がすごく多くなるじゃないですか?


言われてみればそうですね。5%時代よりは財布がパンパンになっていることが多いかもしれないです。


そうなんですよ、私は財布がパンパンになるのが嫌なんですよ。カード決済なら財布の中の小銭が増えないですから、かなりスリムになりますし、店員さんも煩わしさを感じなくなると思いませんか?


私は小銭を出すのはそんなに嫌じゃないですし、むしろ、1,892円みたいな半端な数字になったときに、ちょうど出せたら嬉しい!とさえ思いますよ。


ちょっと待ってください!それって財布の中に小銭が溜まってきて嫌だから小銭が減って嬉しいと思うんじゃないですか?


え、違いますよ!ちょうど出せてラッキー!という達成感ですよ。


なんかその理由はあまり納得できないですね。やっぱり、小銭が邪魔になってるような...。私の場合、どうしてもカード決済できないときは現金を出します。それで小銭が返ってきて、例えば、34円とか半端な数字だったらそのまま募金箱に入れちゃいますよ。


それはそれで素晴らしいことなんじゃないですかね。何からの援助を求めている方の助けになるわけですし。


でも正直言えば本意ではないんですよ。小銭が溜まっていくのが嫌で募金箱に放り投げているだけで、急いでいるときはどういう名目の募金箱なのかチェックしないで入れちゃうときもありますから。


本当に小銭が嫌いなんですね。


昔はそんなことなかったんですけど、カード決済があまりにも便利で...。正確には小銭は嫌いではないです。財布が重たくなるので、なんでもスリム化したいと考える私の考えに逆行してしまうんですよね。


スリム化ですか...。あまり考えたことないです。じゃあ、逆にカード決済のメリットってなんですか?


それこそさっきから話題に上がっているように小銭の煩わしさを感じなくなることもそうですし、ポイント還元があるので気づくとポイントが結構貯まっていてお得感を感じられますよ。


ポイント還元ってよくわからないのですが、本当にもらえるものなんですか?


もちろん!例えば、ポイント還元率1%のカードだったら決済のたびに1%分のポイントがつくので、100円で1ポイント、月に5万円利用すれば500ポイントももらえることになります。


へぇ、本当にもらえるんですね。


カードを使わない方って「月に5万円も使わないよ!」とかよく言うんですが、例えば、携帯料金、光熱費、プロバイダ料金、各種保険料のように毎月払っているものをカード決済にすれば、月5万円なんて意外とあっという間にいっちゃうんです。支出のほとんどをカード決済にすると月に15万円ぐらいはいけますよ。ポイント還元率1%のカードで月15万円使うと1,500ポイント貯まるので、年間で18,000円分のポイントがもらえることになるので、すごくお得だと思いませんか?


そうですね、それを聞いたらお得に感じます。でも、ポイント還元率1%のカードなんて存在するんですか?


もちろんありますよ。通常還元率1%のクレジットカードは結構あって、もっと言うと、そういう高還元率のカードって使い方によっては数%〜十数%まで還元率がアップするものが多いので、気づくとかなりポイントが貯まっていたりします。


どういうことですか?


例えば、そのカード会社が運営しているポイントモールを経由して買い物をすると通常還元率1%なのが3%になるとか、そういう感じです。楽天カードだと楽天市場があるじゃないですか?自社でネットショッピングサイトを持っている会社なんかはそのショッピングサイトを利用するだけで還元率がアップしたりしますよ。


ちなみに私が持っているのが楽天カードなんですが、そういうお得感があることすら知らなかったです。


クレジットカードに興味がない方ってそういうところまで調べないんですよね。本当にもったいないと思います。


楽天市場は実は結構使っていて、カード情報を残すのが怖いのでいつも代引きで利用しているんです。


なぜカード情報を残すのが怖いんですか?


だって今の時代、どんなに大企業でも情報漏えいをするじゃないですか?不正利用されたりしたら困るじゃないですか。。


クレジットカードに盗難・紛失保険があるのを知らないですか?


えっと...、知りません...。


盗難・紛失保険というのは、盗難や紛失した際に不正利用されたときに補償してもらえる保険のことで、範囲はありますが金銭的補償を受けられるので不正利用されても大丈夫なんです。大丈夫って言い方は変かもしれませんが、不正利用されたときの対策がきちんとしているので、安心して使えますよ。


不正利用された事例をよく耳にするので「みんなどうしているんだろう?」と思っていたのですが、そういう保険に助けられているってことですか?


まさにそうですね。Bさんは今までの人生で財布を落としたことはないですか?


ありますよ。一度だけですけど。近くの交番に届けられていたので財布とか免許証などカード類は戻ってきましたが、現金は2万円ちょっとあったのが、千円だけになっていたことがあります。


勝手に使われたらもちろん犯罪ですよね。でも、それって不正利用のパターンと似てないですか?


まぁ似ていると言えば似ていますね。


現金だと財布を落として盗まれてしまったら諦めるしかないですが、カードなら不正利用されても補償してもらえるので、これがクレジットカードの大きなメリットだと思うんです。


たしかにそう言われるとそうですね。2万円を失ったショックを思い出しちゃいました。


私だって財布にはを念のために現金入れていますが、普段は4〜5千円ぐらいです。万が一落としてもショックを受けない程度にしています。


じゃあ、飲み会のときはどうしているんですか?


飲み会のときは少人数なら私がカードでまとめて払うことが多いです。


それって嫌がられないですか?自分だけポイントをゲットしちゃって、みたいな。


う〜ん、嫌がられることはたまにありますが、基本的には受け入れてもらえますよ。別に誰も損をしているわけではないですし。他にカード決済したいと立候補があったら譲るときもありますし、LINEの割り勘機能を使うときもあります。


割り勘機能?


LINEにLINE Payという電子決済サービスがあって、これで割り勘できるようになっているんです。無料でLINE仲間に送金できるので、現金がなくても割り勘できちゃうんです。


へぇ!知りませんでした。クレジットカードを積極的に使う方ってどんどん先をいっちゃうような気がします(笑)。置いてけぼりな気分です。


そう感じるならぜひともクレジットカードを使ってもらいたいところなんですよ。


じゃあ、30人ぐらいの会社の大人数の飲み会とかどうですか?かなり高額になるのでそこで一人でカード決済なんてことはできないですよね?LINE Payでしたっけ?それをすべての方が使えるとは限らないので割り勘機能も使えないですよね?


そうですね、どっちもダメですね。でも、大人数の飲み会のときっていくらかかるのか事前に教えてもらえませんか?だから、そういうときは素直に現金を用意しますよ。


ほら!現金が必要になるときもあるじゃないですか!


そりゃ現金が必要になるときだってありますよ。私はクレジットカードを積極的に使う派ですが、現金を全く使わないとは言ってませんよ?


すいません、つい熱くなってしまいました...。カード決済をする理由があまりにも合理的すぎて...。


Bさんがクレジットカードを使わないのは不正利用への不安だけですか?


いえ、カードを作った当初はちょいちょい使っていたんです。でも、カードだとどうしても使いすぎてしまうんで、だんだん怖くなってしまったんですよね。怖いから毎月の請求額をあまり確認しなくなって、返済が遅れてしまったこともあります。


返済は絶対に遅れちゃダメですよ!


いや、わかっているんです。でも、怖くなっちゃって請求額を確認し忘れてつい...。


ついつい忘れてしまったのは仕方ないとして、もっと怖いのは、クレジットカードの返済が遅れると信用情報に傷がついてしまうことなんですよ。


信用情報って?何のですか?


クレジットカードとかお金関連のそういう類のものってCICだったかな?信用情報機関とか言われているんですけど、そういう機関に利用状況が色々と記録されていて、過去に返済の遅れがあったことがわかるとローン契約に通りにくくなったり、もちろん、カードの審査にも悪影響を及ぼしてくるんです。


え、そうなんですか?カード審査に影響が出そうなのはなんとなくわかりますが、ローン契約も?例えば、自動車ローンとか携帯の割賦契約とか?


そうです、そうです。最近の若い子とかそれを知らない子が結構多いみたいで、携帯の割賦契約の支払いを何度も延滞して信用情報に傷がついてカード審査に落ちてしまう子が続出してるっぽいです。


私と逆パターンですね。


そうですね。でも、信用情報は色々な会社間で共有されているので、どこかで信用を落としてしまうと他のところにも悪影響を及ぼすので本当に注意したほうがいいです。


私の場合、不正利用の対策として給料振込み用の口座とは別の口座をカード引き落としに設定していたので確認不足で支払いを遅延してしまったんです。


いかなる理由でも支払いの遅延は信用情報を傷つける原因になるので気をつけたほうがいいですよ。


そうですね。詳しく教えてくださってありがとうございます。


実は私も2回ぐらい支払いを遅れたことがあって、心配になって自分で色々と調べてみてわかったことなので、知らない方が多いかなと思って...。本来こういった情報はカード会社がもっと積極的に知らせたほうがいいと思うんですが...。


たしかに全く知りませんでしたもん。


1〜2回ぐらいなら実は大丈夫なケースがほとんどなんですが、3回以上になると危ないようなので、もう少しで信用情報に大きな傷がついていた可能性があることを知ったときは冷や汗をかきました(笑)。


とにかく支払いは遅れたらダメってことですね。


そうです。


さっきちょっと言ったんですが、コンビニとか少額の支払いにもカードを使いますか?


いや、コンビニではカードは使わないです。


え?じゃあ、現金で?


いや、コンビニでは電子マネーを使います。というか最近は電子マネーのほうが使う機会が多いのでカードを使う機会も少なくなってきています。


えー、また置いてけぼりだ...。詳しく聞かせてもらってもいいですか?


私が使っているのはiDという電子マネーで、これは事前にチャージが必要ないんです。後払い式電子マネーはクレジットカードと連携しているのでカードで決済が行われて、請求はカードにくるので返済日にまとめて支払うことになります。電子マネーってカードよりもスムーズに決済できるのですが、チャージが面倒な一面があるので、iDみたいにチャージの手間がかからない電子マネーは本当におすすめです。


後払い式があるということは前払い式もあるってことですよね?


そうですね。SuicaとかPASMOのような交通系ICカードは全部前払い式で、あと、nanacoとか楽天Edy、WAONも前払い式です。後払い式はiDとQUICPay(クイックペイ)があります。


電子マネーってチャージするのが面倒なイメージがあったので、後払い式は便利そうだと思いました。


便利なんですが、実は前払い式にもメリットがあるんです。なんだかわかりますか?


え、なんでしょう?チャージした分しか使えないから使いすぎないとか?


そういう一面もあると思いますが、一番のメリットはクレジットカードからチャージできる場合にチャージした分についてポイントがもらえること、あと、電子マネー利用分に対してポイントがもらえる場合があって、ポイントの二重とりができることなんです。


ちょ、ちょっと待ってください。話が全然わからなくなりました(笑)。たぶんこういう話を一回で理解できないからクレジットカードを使うのに億劫になっているのかな...。


私の説明が悪かったかもしれないので、もっとわかりやすく解説しますね。チャージでクレジットカードを利用した分に対してまずポイントが還元されますよね?で、前払い式の電子マネーだとチャージしてから決済しますよね?つまり、チャージで1回利用したとカウントされ、決済でも1回利用したとカウントされるので、2回利用(=決済)したことになり、ポイント還元を2回分受けられる=ポイントの二重とりができる、ってことです。


え、それってすごくないですか?


わりと昔からある方法なのですが、知らない方が結構多くて私がびっくりしています。こんなにお得なのになぜ利用しないのかと。まぁ私は後払い式電子マネーを使っているので人のこと言えないんですけどね(笑)。


う〜ん、なんだか、クレジットカードを使ったほうが良さそうな気がしてきました...。


ただ、ポイントの二重とりができないクレジットカードもあるので、そこは使いたい電子マネーとの兼ね合いを事前にチェックしておいたほうがいいですね。「クレジットカード 二重とり」って検索すると二重とりができるクレジットカードがわかりますよ。


いやいや、待ってください!私がクレジットカードを使うみたいな流れになってるじゃないですか(笑)。


Bさんはたしか楽天カードを持っているんですよね?それを使えばいいじゃないですか!楽天カードは楽天Edyが使えるのでまさにポイントの二重とりができるカードなんですけどね。


え、そうなんですか。でもやっぱり万が一のときの備えでしかないんですよ。


ちなみに万が一のときっていつなんですか?私にとっては現金のほうがむしろ万が一のときに使うものになっているんですが...。


万が一のときは...高額のものを衝動買いしたくなったときとか?


たしかにそういう場面でクレジットカードは役立ちますよね。現金がないとき、足りないときにカード決済できる安心感がありますよね。あとはないですか?


う〜ん、海外に行ったときとか?


私は海外旅行が趣味なので、そのへんの事情はちょっと詳しいですよ。海外ではどうしてカードが必要なのかわかりますか?


それこそ現地通貨が足りなくなったとき、ですよね?


そうですね。日本円をいくらか現地通貨に両替しますが、いくら使うのかは実際に行ってみないとわからないことが多いです。それで多めに両替してしまう方が多いんですが、両替って基本的に手数料がかなり入っていて損をすることが多いんですよ。で、日本に現地通貨を持って帰ってきても使い道がないから、最終日に余ったお金で無駄なものを買っちゃう、みたいな。最初からカード決済を中心にすればそういう損をしなくて済むと思いませんか?


そうですね、それは言い返せないですね...。


これも私自身経験したからなんですよね。海外に初めて行ったときはまだクレジットカードがなくて、急遽つくったデビットカードを持っていったのですが、現地通貨のほうが安心できると思ってたくさん両替したのですが、意外と使わなくて...。


海外ではカードを使える場所が多いと聞きますが本当ですか?


本当ですよ。例えば、日本だとデパートとかスーパー、コンビニは当たり前のように使えるじゃないですか?それは海外も一緒なんです。一番の違いは、小規模なお店でも使えちゃうことなんですよね。


日本だと小さなお店ほど使えないイメージがありますよね。私は喫茶店に行くのが好きなのですが、カード決済できないところが結構多い気がします。


それで現金派になっちゃっているところもあるかもしれませんね。日本の方って高額紙幣を持ちがちだと言われていることを聞いたことがありますか?北米やヨーロッパだと高額紙幣=20ドル・20ユーロのイメージが強いので、100ドル・100ユーロを会計時に出すと断られることがあるんです。高額紙幣は偽札が多かったり、スリが多かったりして使用頻度が低いので、会計時に出すと「無理無理!お釣りないよ」みたいなこと言われちゃうときがあります。だから、外国の方は日本人なら記念にとっておいちゃう2千円札を便利だと思ってバシバシ使うようです(笑)。


じゃあ、20ドル札・20ユーロ札を何枚も持てばいいんじゃないですか?


両替所でそうしてくれればいいですよ。でも、高額紙幣を混ぜてくるんですよ。「20ドル札多めで」と言ったことがありますが、それでも高額紙幣を混ぜられたことがあるので、「これは通用しないな」とそのとき思いました。日本の方は安心できるからという理由で日本の空港や銀行で両替される方が多いですが、国内の空港・銀行ほど高額紙幣を混ぜてきますね。しかも、手数料も現地より高いのでおすすめできません。


ほぉ〜、そういう事情があるとは知りませんでした。でも私は海外に行く機会もないですし、あまり関係ない話だと思いました。日本はやっぱり現金主義の人が多いから、このまま現金主義でいても問題ないですよね?


じゃあ、大型連休で困ったことはないですか?


え、大型連休で?GWとか休みをいっぱいもらえていいじゃないですか(笑)。現金主義となにか関係があるんですか?


大アリですよ!大型連休のときって銀行も休みになるじゃないですか?だから、大型連休が始まる前に現金を下ろしておかないと現金主義の方はかなり困るはずですよ。


あ〜たしかに言われてみればそうですね。ニュースにもなりますよね。連休前日に銀行に駆け込んだら銀行のATMの現金がなくなったとか。


そうです、そうです!


私はそういうところもちゃんと把握しながら現金を下ろしているので大丈夫です。


準備がいいですね。徹底した現金主義でしたか...。


はい、そのへんのところは他のにわか現金主義の方と一緒にしないでほしいですね。私は自ら進んで現金主義になっているのですから。


失礼しました...。ちなみに月に平均何回ぐらい現金を下ろしているんですか?


結構こまめに下ろしているので、1週間に1回で月4回ぐらいですかね?


それだと手数料も結構とられてませんか?


私が利用している銀行は手数料無料なので大丈夫ですよ。


コンビニのATMも手数料無料?


コンビニATMは月3回まで無料ですが、月に1回使うか使わないかなのであまり関係ないですね。


あー、そうなんですね。そのへんは結構調べたんですね?


はい。現金を引き出す機会が多いのでそこはシビアになります。


クレジットカードならそういうことも気にしなくて済むんですよ?


じゃあ、Aさんは月に何回ぐらいATMで現金を下ろすんですか?


私は月1回ですね。月に1回、だいたい3万円ぐらい下ろしています。


え、たったそれだけ?


はい、カードや電子マネーを使っていれば月3万円で十分ですよ。「30千円」と入力して引き出すと千円札が30枚出てくるので、それを封筒に入れて持ち帰って自宅で管理して、必要な分だけ財布に入れている感じです。3万円でも月によっては余るときがあります。


本当ですか?!でも、急な飲み会とか絶対あるじゃないですか?そういうときはやっぱり困りますよね?


さきほど言いましたけど、そういうときは私が代表してカード決済、もしくはLINEの割り勘機能があるので、基本的には困らないですが、どうしてもってときはコンビニのATMを使います。


本当にそれだけで困らないですか?


困らないですがデメリットもありますよ。キャッシュレスな生活が身につきすぎて、カード決済・電子マネー決済ができるシーンでしか買い物や食事をしなくなってきているので、買い物・食事ができるシーンが限られてきちゃうんですよね。ネットで気になるお店を見つけても「あ、ここカード決済できないな」と気づくとやめてしまうんです。


えー、それはもったいないですよね。


機会を逃している、という意味ではもったないと思われてもしょうがないですね。でも、自分で選んでやっていることなので後悔はないです。スリム化したい考えがあると言いましたけど、その根底には面倒くさがりな性格がすごく影響していると思います。


面倒なことはできるだけ避けたい、ってことですよね?


そうです。カード決済が中心になったのも銀行やコンビニATMで現金を下ろすのが面倒、小銭を出すのが面倒というところからはじまっていて、カード決済・電子マネー決済があまりにも楽だから、それが染み付いてしまった、という感じです。


私はそういうのが面倒だと思ったことがないので、今でもたぶん続けられているんだと思います。これからも続けていく予定なんですけどね。


カード派には寝返るつもりはない、と(笑)?


ないですね、今のところは...。Aさんの話を聞いて納得いくこともありましたが、現金のほうが私には向いているんじゃないかな〜。


向き・不向きは絶対にあると思います。だから、クレジットカードを無理におすすめすることはできないですが、便利であるというところは譲れないです。


じゃあ、私がまだ知らないであろうクレジットカードの便利な一面を教えてくれませんか?


チケットの先行予約とかどうですか?


え、そんなことできちゃうんですか?


クレジットカードの種類とかランクにもよるんですが、人気歌手のコンサートとかスポーツのチケットを会員限定先行予約でとれたりすることがあります。例えば、イープラスっていうチケット予約サイトがありますけど、イープラスってセゾンカードの出資元だったかで、セゾンカード系のチケット予約サービスは他よりもチケットが予約しやすいと言われていたりするんです。


そういうのあるんですね。全然知りませんでした。いつもとれないチケットがあるので、気になります。でも、ずるい気もします。


え、なんでですか?こういうところがクレジットカードを持つメリットだったりもするわけですよ。最近はチケット予約サイトもクレジットカード決済のみというパターンが結構増えてきているので、Bさんもカードの必要性を感じているのでは?


会員限定の先行予約ができるのは正直羨ましいです...。


カードによっては宝塚の公演チケットもとれたりした気がしますけど。


宝塚は興味ないのでいいです(笑)。


そうですか(笑)。


他にもありますか?


さっき海外旅行でクレジットカードがあると便利みたいな話をしましたけど、カードによっては海外旅行傷害保険が自動で付帯しているものがあって、これが付帯していると保険会社の海外旅行保険に別途で加入しなくても十分な補償を受けられるようになるので、すごく便利だと私は思いますけどね。


海外旅行はしないのであまり関係ないかと。


でも、国内旅行傷害保険もあるので、旅行が好きなら便利だと思いますよ。


そうなんですか、国内旅行は好きなのでそれは助かるかもしれないですね。


ドクターコールは地味にすごいと思うんですが、あまり浸透していない気がします。


ドクターコールってお医者さんでも呼べちゃうんですか?


ドクターコールは、ケガとか体の調子を崩して、でも病院に行くほどではないかも、ってときに医療専門スタッフに365日24時間電話で相談できるサービスのことです。


本当に医療専門スタッフが??カード会社が適当にアドバイスするんじゃなくて?


はい、医師や看護師などの医療専門スタッフが相談にのってくれるんです。私の友人の話になりますが、足に激痛が走り、見に覚えがなかったので不安に思って相談をしてみたら「痛風の可能性が高い」と回答を得て、実際にかかりつけ医に診てもらったところ本当に痛風だったということで、かなり的確なアドバイスをもらえるみたいです。


いざというときに安心できそうですね。っていうか、クレジットカードを持っているだけでこれだけ色々なサービスを受けられるとは知りませんでしたよ。


そうですよね。でも私でも知らないことがまだまだたくさんあると思うので、クレジットカードは奥が深いな、と思います。


今回色々と話してみて思ったのは、結局のところ、クレジットカードは使ってる人にしかその良さがわからないってことです。


私もそう思いました。私が「クレジットカードは便利だよ」と熱弁したところでBさんが現金派である事実は変わらないので、それがすぐにカード派に寝返るなんてことはないんでしょうね。


でも、クレジットカードに魅力があることには気づけました。ただ決済を便利にするツールに過ぎないと思っていましたが、必要性を感じられた方には欠かせないツールなんだと思いました。


Aさんは今カードを持っているからいいですが、カードすら持っていない方はクレヒスのないスーパーホワイトとなるので、今後カードを作れなくなる可能性があるので、今持っているカードはそのまま保有しておいたほうがいいと思います。


クレヒス?スーパーホワイト?


クレヒスはクレジットヒストリーのことで、これまでのクレジットカードの利用履歴などをまとめたものを言います。クレヒスが構築できてくるとステータスの高いカードを持てるようになったりします。スーパーホワイトとはクレヒスが全くないことを指す言葉で、こういう方はカードを作りたいと思ったときに実績不十分でカードを作ることすらできなくなったりします。


それはちょっと怖いですね。それなら今持っているカードはなるべく長く保有しておきたいと思います。じゃあ、私みたいな現金派の方は年会費無料の維持費がかからないカードを作っておいたほうがいいですね。


そう思います!政府はキャッシュレス化の動きを推進しているので、キャッシュレス化の動きは今後より一層加速することになると思います。なので、今クレジットカードを使う機会がなくても、そういった機会が来たときに備えて保有しておくのが正解だと思います。


私はこのまま現金主義を貫きますが、今回はクレジットカードの知らないことをたくさん知られたので良かったです。いつかは私にもクレジットカードが欠かせないと思わせる社会になっていくのかもしれませんね。


きっとそうなっていくはずです。私もすごく参考になりました。ありがとうございました。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて