審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


クレジットカードを作る上で切っても切れない関係にあるのが“ブラックリスト”の存在です。多くの方は、自分には関係がない話と思われているかもしれませんが、意図せずにブラックリスト入りしてしまう場合がありますので、全く関係ない話ではありません。



意図せずにブラックリストに入ってしまった場合でも、他と同じように扱われますので、注意しなければなりません。そこで今回は、ブラックリスト入りの原因や対策(解除方法)についてわかりやすく解説することにします。





ブラックリストとは?


さきほどから何度も“ブラックリスト”と書いてきましたが、実はクレジットカード会社ではブラックリストというワードは使っていないそうです。しかし、実際にはブラックリストに似たようなものは確実に存在します。



延滞履歴などの事故情報を登録したものがブラックリスト



ブラックリストは、簡単にいえば「要注意人物のリスト」のことで、延滞履歴などの事故情報を信用情報機関※に登録したものを指します。カード会社をはじめ、ローン会社、消費者金融など様々な会社が事故情報を信用情報機関に登録し、また、登録された情報を照会することができるため、各会社の間で個人の情報が共有されるような形となります。


※CICやJICC、KSCが主な信用情報機関で、信用に関する個人情報を取り扱っています。



カード会社は、カードが申し込まれた時点で信用情報機関に情報を照会し、延滞などの事故情報があれば、ブラックリストとして扱うことになります。その結果を審査に反映させるという形が昨今のクレジットカードの審査のプロセスとなっています。





ブラックリスト入りの原因と対策(解除方法)


では、具体的にどのようなことをしてしまうとブラックリストに入ってしまうのでしょう?主な原因は「返済の遅れ」と「債務整理」の2つです。それぞれの対策(解除方法)も一緒に見ていきましょう。





原因と対策(解除方法):返済の遅れ


ブラックリスト入りで最も多い原因が返済の遅れによるものです。3ヶ月または61日以上返済の遅れが続いた場合に信用情報機関に「延滞」と記録されます。延滞情報は各カード会社に共有されます。



通常、期日通りに返済されなかった場合は催促の通知があります。それでもなお返済されなかったわけですから、カード会社からの評価を下げてしまうのは仕方ありません。カード会社が最も避けたいのは、貸し倒れ(=返済されないこと)で、延滞履歴がある=返済能力が極めて低い、と判断されてしまいます。



延滞を起こした場合、信用情報機関への記録期間(最長)はそれぞれ以下のようになっています。


延滞日数

CIC

JICC

KSC

61日以上

5年

1年

5年

3ヶ月以上

5年

5年

5年



対策(解除方法)は、3ヶ月または61日以上の返済の遅れを起こさないことです。通常、返済は翌月に一括返済するものですが、残高不足などで予期せずに返済が遅れてしまうことは誰でもあり得ると捉えられているのか、一定の猶予が設けられています。しかし、3ヶ月または61日以上の延滞となると、明らかに故意に返済を遅らせていると捉えられてしまいますので、デッドラインを超えないように注意しなければなりません。



口座を何個も使い分けている方は残高不足になりやすい傾向がありますので、引落口座を給与振込先と同じ口座に指定しておくと予期しない返済の遅れを対策しやすいです。




昨今、特に注意したいのが割賦契約の延滞

多くの方に注意してもらいたいのが、携帯端末の割賦契約の延滞です。最近、特に多くなっているそうです。携帯料金の支払いをコンビニ払いにしていたりすると、ついつい忘れてしまいますよね。昨今、スマホの端末代の高騰により、携帯料金の基本使用料に分割した端末代をプラスする形で毎月の支払いをする割賦契約が一般的になっています。



基本使用料を延滞すること自体良くないですが、分割された端末代を延滞することが特に問題で、分割払いを延滞する方はクレジットカードの返済でも同じことを繰り返す、と捉えられてしまいます。割賦契約をしている携帯料金の延滞(3ヶ月または6日以上の返済の遅れ)を起こた場合も、信用情報機関に登録されてしまい、審査に悪影響を及ぼすことになるので注意が必要です。



当然のことながら、意図せずに延滞してしまった場合でも、ブラックリスト入りの対象となってしまいます。





原因と対策(解除方法):債務整理


債務整理とは、借金の減額および返済の猶予のための手続きをすること全般を指し、具体的なものに「自己破産「任意整理」「民事再生(個人再生)」があります。昨今よく耳にする「過払い金請求」もまた債務整理の一つです。



債務整理は過去にお金に困っていた証拠となりますので、返済能力が低いと見なされ、審査において悪影響を及ぼすことになります。債務整理に関しては、完済日から一定期間、信用情報機関に記録が残り、その間、クレジットカードを新規に作成するのは極めて難しくなります。



任意整理の種類によって記録期間(最長)は異なり、それぞれ以下のようになっています。


債務整理の種類

CIC

JICC

KSC

自己破産

7年

5年

10年

任意整理

5年

5年

5年

民事再生

(個人再生)

5年

5年

5年



対策(解除方法)は、借金をなるべく早めに完済することです。債務整理による記録は5〜10年となっていますが、これは完済日より数えて5〜10年なので、早めに完済しないと、なかなかブラックリストから解除されません。


推奨はしませんが、対策として、あえて早期の自己破産を選ばれる方もいます。5〜10年では借金の返済の目処が立たないので早期に自己破産をして、信用情報機関の記録をなるべく早く消すのが狙いです。自己破産は、財産が没収される可能性があったり、連帯保証人に迷惑をかけるなどのデメリットがありますので、その点を考慮しましょう。





ブラックリスト入りで起こる弊害とは


なぜ、ブラックリストに入ることをそこまで恐れるのでしょうか。それは、先述しているようにクレジットカードを新規に作るのが非常に難しくなってしまうためです。多くのクレジットカードは、「高校生を除く18歳以上で安定した収入がある」を入会条件としていて、「ブラックリストに入らない属性であること」も入会条件の前提となっています。これは当然のことで、明記すらされていません。



クレジットカード以外の契約の審査にも悪影響を及ぼす



返済に困るようなことがなければ、ブラックリストに入ることはないわけですから、ブラックリストに入った=返済能力に欠けるという判断をされてしまいます。



クレジットカードを作れないのは大きな問題ですが、それだけに及ばないのがブラックリストの脅威です。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの各種ローン契約をはじめ、携帯電話の割賦契約(分割)、キャッシング(無担保ローン)などの審査にも悪影響を及ぼしてしまいますので、様々なサービスの利用に弊害が生じてしまいます。





ブラックリスト入りしたか否か調べる方法


気になるのは、自分がブラックリストに入ってしまったかどうか、です。しかし、クレジットカード会社に連絡をしてもわかりませんし、何かお知らせなどが来るわけでもありません。



ブラックリスト入りか否か調べられるのが「情報開示」



ブラックリスト入りしたかどうかを調べる手段が「情報開示」です。信用情報機関であるCICもしくはJICCに対して、情報開示を行うことで、ブラックリスト入りしたか否か、自分で確認できます。



ウェブ・郵送・窓口の3つの開示方法がありますが、最も簡単なのがウェブでの開示です。ただし、1回1,000円の手数料がかかり、クレジットカード決済のみ対応なので、クレジットカードがない場合は郵送もしくは窓口で開示という形になります。窓口は限られたエリアにしかないため、郵送のほうが現実的です。



情報開示をすると「開示報告書」というものを手にすることができ、ブラックリスト入りしたか否かの答えを知ることができます。開示報告書の中の「返済状況」をチェックします。返済状況に「異動」と記載されていると、3ヶ月連続または61日以上返済が行われていない事実があったことになるため、ブラックリスト入りした可能性が非常に高いといえます。



身に覚えがない方は、「契約の内容」をチェックしてみましょう。記載内容が“カード等”であればクレジットカードなどの契約、“個品割賦”であれば商品の分割払い、“無保証融資”または“保証融資”であればキャッシングの返済が遅れているという意味になります。“保証契約”と記載されていると、保証会社が返済者に代わって返済したことを示し、大きな信用問題の低下に繋がります。



さらに詳しくは、「開示報告書の読み取り方」をご覧ください。





ブラックリストに入らないための心得


念のためもう一度書きますが、ブラックリストに入るとクレジットカードを作るのが難しくなります。ブラックリストから解除されるのは完済日から5〜10年後なので、解除にはかなりの時間を要すことを忘れてはいけません。一度、ブラックリストに入った経験がある方は「もう二度と入りたくない」と思うはずです。



現金決済のときはやりくりできていたのにクレジットカード決済が中心になってからおかしくなってしまった、という方は意外と多いので、ブラックリストに入らないために、クレジットカードに対する考え方を変えることが大事になってきます。



「クレジットカードは魔法のカード」なんて思っている方は要注意です。クレジットカードは単に支払いを先延ばしにしているだけで、魔法のカードでもなんでもありません。決済をスムーズにするただの便利なカードに過ぎません。利用されるのではなく、利用する側に立たなければなりません。



家計簿マネーフォワード



クレジットカードを計画的に使う自信がない方は、家計簿アプリを使うことを強くおすすめします。筆者のおすすめは「家計簿マネーフォワード」です。



様々なクレジットカードと連携させることができ(連携可能なクレジットカード一覧)、支出履歴を自動で取得することができるため、月々どのぐらい利用したのかがわかりやすくなります。ほとんどのクレジットカードは利用履歴をウェブ上で確認できる時代ですが、カードを複数枚所有されている方はこのような家計簿アプリでまとめるのがおすすめです。



最も大事なのは、節度を持って計画的にカードを利用することです。家計簿アプリを使うと、現金決済時と同じように利用したらお金が減っていくという感覚が身につくため、使いすぎの予防になります。



また、残高不足で返済が遅れる方が多いため、カードの返済日をしっかりと把握することが大事です。返済日は翌月10日 or 26日 or 27日というパターンが多いです。中には、返済日が給料日の前で毎月返済に困っている方が少なからずいるはずです。カード会社によっては、返済日の変更ができる場合がありますので、変更したい場合は各カード会社へ問い合わせましょう。





クレジットカードを再度作る前にできること


ブラックリストに入った経験がある方は、絶望感に苛まれたはずです。「クレジットカードを持つことはもう無理なのかな...」と。ブラックリストから解除される5〜10年は本当に長い月日です。このクレジットカードを持つことができない5〜10年の間はただひたすら我慢すべきなのでしょうか。いえ、そんなことはありません!



クレジットカードは持てませんが、代用カードはたくさんあります。2つの主な代用カードが「デビットカード」「プリペイドカード」です。光熱費や保険料など月々の支払いに非対応、分割払い非対応、高速料金非対応、ガソリンスタンド非対応といったデメリットこそあるものの、ほとんどクレジットカードと同じように使うことができます。



LINE PAYカード



個人的におすすめなのがプリペイドカードの「LINE PAYカード」です。事前にチャージが必要ですが、国際ブランドがJCBなので、JCB加盟店でクレジットカードと同じように利用することができます。



近年、クレジットカードの還元率は1%後半で高止まりしているのですが、LINE PAYカードは還元率が最大2%(バッジカラー:ホワイト0%、レッド0.5%、ブルー1%、グリーン2%)となっていますので、かなりお得にポイントを貯められます。貯まったポイントは、LINEポイント以外にAmazonギフト券やPonta、nanaco、JALマイルなどへ交換可能なので、幅広い利用シーンに活用できます。



入会金や年会費は無料で、審査なしで作ることができますので、クレジットカードが作れない期間にも疑似クレジットカードとして十分な役割を果たしてくれます。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて