審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


「クレジットカードを作りたかったのに審査に何度も落ちて自信をなくした...」という相談をよく受けます。ここ数年の流れを見ると、クレジットカードの申込者数は増え続けており、審査に通過する割合も75%以上と高いですが、それでも審査に落ちる人が10人中2〜3人いるのが現状です。



クレジットカードの審査に落ちてしまうと「私ってそんなに信用がないのかな?」と自信をなくしてしまいがち。でも、悩んでばかりでは前に進めません。すぐにクレジットカードが必要だった方に一度検討してもらいたいのが「キャッシング」です。手元に現金がないときに使える便利な機能です。



借りたい額がすでに決まっている方は、早速ですが、「アイフルの返済シミュレーション」を使ってみましょう。キャッシングのことをもう少し知りたい方は、さらに詳しく解説していきますので、読み続けてみてください。





クレジットカード審査落ち→デビットカード作成は常套手段.


クレジットカードの審査に落ちると、多くの方はデビットカードを作ろうとします。事実、私もそうしました。デビットカードは銀行口座と連携するため、利用後にすぐに口座から即座に利用額が引き落とされるのが特徴的で、国際ブランドと提携していればクレジットカードと同じようにそれぞれの加盟店で利用できます。



デビットカードは便利だが実はデメリットが意外と多い



しかし、デビットカードには弱点が多くあります。例えば、還元率が悪い、一部のガソリンスタンドや高速道路の料金の支払いに使えない、などなど。公共料金の支払いに使えるデビットカードはありますが、全てがそうではないです。利用シーンが限られるのはやはりデメリットです。



中でも、特に大きな弱点は、高額の買い物をするのに不向きなことです。多くのデビットカードは初期設定で利用額の上限が設けられており、設定で上限を変更することはできますが、分割払いができないのが大きな弱点です。



デビットカードは分割払いができず高額の買い物に不向き



一般的に、高額な買い物ほどカード決済を選びますが、金額によっては翌月一括返済が困難な場合があり、そういった場合に備え、分割払いが用意されています。しかし、デビットカードは分割払いができないので、高額な買い物時にはその金額分が必ず口座に預金されている必要があります。例えば、期間限定の商品で今日買わないと今後手に入らないけど今の残高では厳しい、そういった場合にデビットカードだと不利な状況になってしまうわけです。



また、給料日間近なのに友人の結婚式がある、というケースで現金が用意できない場合、デビットカードにはキャッシング機能(お金を借りるサービス)もないため、急な出費に備えることができません。これだけカード社会になってきてもなお、現金は必要なままなのです。





キャッシングならすぐに現金を手に入れられる


現金が必要な場合には、キャッシングを選ぶことをおすすめします。クレジットカードにキャッシング機能はつけられますが、キャッシング機能をつけるとクレジットカードの審査がより厳しくなる傾向があります。しかし、キャッシングを“単体”で提供しているサービスは、クレジットカードの審査ほど厳しくないですし、数万円から借りられるので、ときに大きな手助けをしてくれます。



キャッシングは少額融資が可能で審査が優しく借りやすい



キャッシングで借りたお金は、一括返済または分割返済をしていくのが一般的(※繰り上げ返済も可)で、どちらも手数料を上乗せして返済していきます。実際のキャッシング利用者からは「こんなに便利なら最初からキャッシングにしておけばよかった」という声が意外と多いです。



SMBCモビットやプロミスなど有名なキャッシングサービスは様々ありますが、業界でとても人気なのは「アイフル」です。



アイフル



アイフルは、無担保・無保証人のえ、利用目的が自由で、最短30分の簡易審査で、即日融資も可能です。「PC/スマホで申込」「審査」「提携CD/ATMで借り入れ」という3ステップで融資を受けられます。発行までに何週間もかかるクレジットカードを今から作るくらいなら、キャッシングのほうが圧倒的にスピーディーです。



キャッシングは、収入証明書が必要になる場合がありますが、50万円以下かつ他社を含めた借入総額が100万円以下の借り入れの場合、アイフルは収入証明書は原則不要です。運転免許証やパスポートなどの本人確認書類があれば、その日のうちに借り入れも可能です。





アイフルの魅力とは?


「キャッシングサービスはいくつもあるのにどうしてアイフルなの?」という疑問が出てくるかもしれません。

アイフルをおすすめする理由は、まず「店舗数」の多さ。国内には様々な融資サービスがありますが、アイフルは業界トップクラスの店舗数を誇っていて、全国各地に店舗・ATMが設定されていますので、気軽に借りやすいというのが最大の魅力となっています。



初めて利用される方はわからないことが多いと思いますが、「ぽっぽくん」というチャットサービスがあり、わからないことをチャットで気軽に相談できるようになっているので、初めての方も利用しやすくなっています。これはAIを使ったサービスなのですが、非常によくできているのでぜひ使ってみてもらいたいものです。



クレジットカードの場合、パート・アルバイト、主婦といった低所得者層は特に審査で苦労しやすいですが、アイフルの場合はカード審査に苦労する層も申込対象となっていますので安心です。クレジットカードほど審査は厳しくないので、ぜひこの機会にアイフルのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。





キャッシング初心者の不安を取り除くために徹底解説


「キャッシング使ってみたくなったけどまだまだわからないことばかり...」そう思っている方は多いでしょう。使い方さえわかってしまえば、怖いことは何もありません。



初めての方が最も気になるのは、“利息”ではないでしょうか。いくら借りたとき、結局のところ、返済額はどのぐらいになるのか、これが知りたいはずです。意外とこれを教えてくれないところが多いですよね。実は、返済シミュレーションを使えば、返済額が簡単にわかっちゃうのです!





返済シミュレーションで返済スケジュールを把握


アイフルには、「35日サイクル制」「約定日制(毎月払い)」の2つの返済方法が選択できます。どちらも実質年率18.0%で3万円を借り入れる想定で返済シミュレーションをしてみました。


実質年率の目安

ご利用金額が100万円未満の場合18.0%

ご利用金額が100万円〜300万円以下の場合15.0%

ご利用金額が300万円〜500万円まで12.0%




35日サイクル制

前回の返済日の翌日から数えて35日目を返済期日とする返済方式です。


35日制サイクル制の場合、毎月5,000円ずつの返済で、1回目は内517円が利息、2回目は内440円、3回目は内361円...というような形で利息を含め、最終的に7回(9ヶ月)で利息分1,949円を上乗せし、総額31,949円を返済することになります。


アイフルの35日サイクル制の返済シミュレーション




約定日制(毎月払い)

毎月、ご自身で設定した指定日を支払いサイクルとする返済方式です(例:27日で指定すれば、毎月27日が返済日)。


約定日制の場合、毎月4,000円ずつの返済で、1回目は内450円が利息、2回目は内396円、3回目は内342円...というような形で利息を含め、最終的に9回(9ヶ月)で利息分2,060円を上乗せし、総額32,060円を返済することになります。


アイフルの約定日制(毎月払い)の返済シミュレーション




結局、どっちがいいの?

「35日制サイクル制」と「約定日制(毎月払い)」を比較した結果、今回は「35日制サイクル制」のほうが利息が111円ほど安くなりましたが、お支払回数が7回だったため、1回ずつの支払いは「約定日制」よりも多くなっています。



なので、どちらがいいとは一概には言えません。返済シミュレーションを使いながら、返済計画をしっかりと立てて、自分はどちらの返済方法が向いているか判断し、計画的に借り入れることが何よりも大事です。



アイフルの返済シミュレーションは誰でも無料で使えますので、まずは実際に使ってみましょう。実際にどのぐらい借り入れる予定なのかはっきりしている場合は具体的な数字を打ち込んで計算してみるといいでしょう。事前にどのぐらいの手数料がかかるのかわかれば、より安心して借り入れできるようになるはずです。



アイフルの返済シミュレーションはコチラ





提携ATMや口座振替などで返済可


キャッシングの返済は、提携ATMで直接返済したり、口座振替も可能です。口座振替だと返済忘れを防ぐことができるので忘れっぽい方は口座振替がおすすめです。ただし、強制的に振替となるので残高不足にならないように注意しなければなりません。



また、銀行振込も可能です。インターネットバンクの口座をお持ちであれば、自宅や外出先などでPC/スマホから振込&返済をすることも可能ですから、手軽に返済できるようになっています。



コンビニ返済も可能ですが、コンビニにわざわざ出向かなければならないこと、現金での返済になるので結局ATMでお金を下ろす必要があることを考えると、それなら銀行振込にしておいたほうが効率が良さそうです。



返済方法についてはご都合に合った方法を選ぶようにしましょう。





遅延損害金に注意しましょう


遅延損害金は年率20.0%なので借り入れは計画的に行いましょう


キャッシングを利用する際に一点だけ注意したいことがあります。それは返済期日を過ぎてしまった場合に「遅延損害金」が発生することです。遅延損害金は、返済期日を過ぎた際に、利息に代わって払う罰則金のようなものです。



アイフルの場合、遅延損害金の年率は20.0%となっています。通常の借入時の実質年率(利息)よりも高く設定されることになるので、遅延損害金には注意が必要です。


遅延損害金の計算方法

借入残高×遅延損害金利率÷365日×延滞日数


例えば、アイフルで借入残高3万円で遅延日数が7日間だとすると、遅延損害金利率20.0%を上記に当てはめて計算すると、約115円の遅延損害金がかかることになります。「少しぐらいなら大丈夫」と思っていると支払いが遅れていずれは大きな負担となってきますので、遅延しないことが一番大事です。



もし遅延する可能性がある場合は、事前にアイフルに連絡を入れるのも一つの手です。すると、利用状況によっては返済期日を変更して貰える場合があり、遅延損害金を回避できる可能性があります。



しかしながら、キャッシングとはいえども借り入れをしたわけですから、基本的には借りたお金は返す義務がありますので、返済期日を守れるように計画的に借り入れることが何よりも大事になってきます。



借り入れの長期延滞をすると、個人信用情報機関にブラック情報が記録されてしまい、今後、クレジットカードやローン契約をする際に悪影響を及ぼすことになるので注意しなければなりません。





審査に落ちたら半年経ってからクレジットカードを申し込むべし


ここまで、クレジットカードの審査に落ちたあとに一時的にキャッシングを利用することで現金を確保できる、という話をしてきましたが、クレジットカードが欲しいことに変わりはないはずです。



クレジットカードをなかなか作ることができない人がついやってしまいがちなのが、審査に落ちてから立て続けに他のクレジットカードに申し込むという行為。実はこれはやってはいけない行為です。


クレジットカードの申込記録は、CICやJICCといった個人信用情報機関に半年間記録されます。カード会社は申込記録を確認することができ、短期間に申込を繰り返している記録があると「資金繰りに困っているのでは?」「返済能力が低いかもしれない」と判断し、審査を見送る傾向が強くなってしまうのです。



なので、クレジットカードの審査に落ちたらとりあえずは6ヶ月の期間を空けてから再度申し込んでみましょう。前回と同じクレジットカードでもいいですが、属性に大きな変化がないのであれば、より審査が甘いクレジットカードを狙うほうにシフトしたほうがいいです。



当サイト厳選!今審査が甘いクレジットカードはコレ






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて