審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


世の中にはクレジットカードを作れる人と作れない人の2種類の人間がいます。クレジットカードを作るときには必ず審査が行われるので、この審査に通過することができないとクレジットカードを持つことはできません。では、審査に落とされた人はこの先もずっとクレジットカードを持つことができないのでしょうか。



Kyashのロゴ



結論からいえば、決してそんなことはありません。クレジットカードに似た決済カードはいくつもあるからです。デビットカードをはじめ、プリペイドカード、近頃はスマホ決済サービスも登場し、様々な形でキャッシュレス決済が可能になっています。そんなキャッシュレス決済の注目株の一つが「Kyash」です。



Kyashは“審査なしで作れる決済カード”として人気を博しているのですが、本当に審査なしで作ることができるのでしょうか。また、どのような決済カードなのでしょうか。今回はKyashについて深掘りしてみたいと思います。





Kyash VISAカードとは?



プリペイド式のVISAカード



Kyash VISAカードは、プリペイド式のVISAカードです。国際ブランドのVISAがついているので、全国のVISA加盟店でクレジットカードと同じように利用することができます。実店舗はもちろんのこと、オンラインでも利用できますので、使い勝手はクレジットカードとほとんど変わらないのが魅力です。



プリペイドカードなので事前にチャージが必要となるのが特徴的です。クレジットカードやデビットカードからチャージが可能です。



ここで一つ疑問となるのが、「じゃあ、結局クレジットカードがないと利用できないの?」ということ。クレジットカードには審査がありますが、デビットカードは基本的に審査なし※1なので、クレジットカードを持っていない方はデビットカードを作ればKyash VISAカードにチャージすることが可能です。


※1 デビットカードは「所定の審査がある」という旨が記載されている場合が多いですが、銀行口座の有無をチェックする=反社会的勢力でないかを確認するのが目的なので勤務先や雇用形態といった細かい属性の審査があるわけではなく、基本的に誰でも作ることができます。



ちなみに、デビットカードとは銀行口座と連携した決済カードのことで、決済と同時に口座から引き落とされる仕組みとなっているため、口座残高以上の金額を使えないのが特徴的です。審査なしで誰でも作れる、使いすぎを予防できる、などのメリットがあります。



クレジットカード・デビットカード以外にも、コンビニやセブン銀行ATM、銀行ATM(ペイジー※2)からのチャージすることも可能なので、何らかの決済カードを保有していない方でも利用できます。カードを作ることができなかった、そもそもカードを作るのが面倒と思っている方は意外に多いので、決済カード以外でチャージができるのは大きな魅力でしょう。

※2 ペイジーとは、パソコンやスマートフォン、ATMから支払うことができるサービスです。




審査なしで作れる



プリペイド=先払いなので審査をする必要がない



「本当に審査なしで作れるの?」と思われた方は多いのではないでしょうか。まず、普通のクレジットカードになぜ審査が必要なのか、について考えてみましょう。



クレジットカードに審査が必要なのは、引き落としが翌月以降となる=後払いとなるため、口座残高以上の金額を使うことができるからです。つまり、返済能力を見極めるために審査が必要となるわけです。そこで過去のクレジットカードの利用履歴をはじめ、雇用形態や年収といった要素から返済能力を判断していくことになります。



一方、Kyash VISAカードは事前にチャージした金額分しか利用できないプリペイドカード=先払いであるため、そもそも審査をする必要がありません。なので、クレジットカードの審査に落ちた人にもおすすめできる決済カードなのです。



先述したようにクレジットカードだけでなく、デビットカード、さらにはコンビニ、セブン銀行ATM、銀行ATM(ペイジー)からチャージが可能なので、決済カードをお持ちでない方でも気軽にチャージできるようになっています。



プリペイドカードはこの世にたくさん存在しますが、コンビニからチャージができないタイプは意外と多いので、手軽にチャージできるという意味でコンビニでのチャージを可能にしている点はKyashの評価できるところの一つといえるでしょう。





還元率は驚異の2%(最大1%に変更)



業界最高クラスの還元率2%



審査なしで作れるところがKyashの魅力であると先述しましたが、実際の利用者が最も魅力だと感じているのは「還元率2%」を実現していることです。

還元率2%だったのが、2019年10月1日より、リアルカードご利用で1%還元、バーチャルカードご利用で0.5%還元に変更となりました。



還元率についてよく理解していない方のために説明しておくと、還元率は利用した金額のうちその数%のキャッシュバックを受けられるシステムのことです。Kyashの還元率は0.5〜1.0%なので、100円を利用したら1%還元の場合は100円の利用で1円分がキャッシュバックされることになります。10,000円の利用なら100円分です。



還元率についてあまり詳しくない方は「還元率2%ってそんなにすごいことなの?」と思うかもしれませんが、はっきり言ってすごすぎます。クレジットカードの平均的な還元率は0.5〜0.75%程度で、高くても1.0〜1.25%ぐらいなので、2%という数字は業界最高クラスといえます。



条件次第では還元率が2.0〜3.0%以上となるクレジットカードはありますが、それは年間の利用金額が多い方限定だったり、特定のサイトで特定のクレジットカードを利用すること、また、ポイントモールの経由することが条件となっていたり、と厳しい条件が設けられている場合がほとんどです。Kyashの場合は、“無条件”で還元率2%となっているのが高く評価できます。



還元率が下がってしまったのは残念ですが、正直なところ、1.0%還元でも十分なぐらいです。ただし、バーチャルカードだと0.5%還元となってしまうので、お得にポイントを貯めたい方はリアルカードが利用できるシーンを選ぶことをおすすめします。



クレジットカードからチャージすることでクレジットカード利用分の還元も受けられます。例えば、お持ちのクレジットカードの還元率が0.5%なら、1.0%+0.5%=1.5%の還元を受けられますので、お持ちの方はクレジットカードからチャージするのがおすすめです。



ただし、全てのクレジットカードがチャージポイントの付与対象となるわけではないこと、連携可能なクレジットカードの国際ブランドはVISAとMastercardのみであることをご留意ください。



これだけでも十分にお得感がありますが、最もお得な使い方を紹介します。それは「スマホ決済サービス」を併用することです。クレジットカードでチャージをして1つ目のポイントを獲得、Kyashからスマホ決済サービスにチャージして2つ目のポイントを獲得、そして、スマホ決済サービスで決済をして3つ目のポイントを獲得、といったように決済することでポイントの三重とりが可能になります。





送金機能を搭載



手数料無料で即時に送金できる



Kyashが他のプリペイドカードと違うのは、「送金機能」を可能にしていることです。



送金機能は、その名のとおり、Kyashユーザー同士の送金を行う機能のことです。送金手数料等かからないので、気軽に送金できるのがメリットです。しかも、即時に送金されるので、銀行の送金システムとはレスポンスが全く違います。



では、どのような場面で活用できるのでしょうか。例えば、飲み会の席での割り勘に使えます。全員がKyashアプリをインストールしている必要がありますが、Kyashユーザー間の送金が可能なので、割り勘した代金を幹事に送金すれば、幹事がまとめて支払うことができます。送金機能のおかげで、飲み会に大量のお札を持っていく時代はもうなくなりそうです。



また、送金機能によって相手側の残高をチャージすることもできるので、例えば、未成年のお子さんに親御さんがお小遣いとしてKyashで送金する、なんてことも可能になります(Kyashは年齢制限なし)。今や未成年でもキャッシュレス決済を利用する時代なので、親御さんのほうからこのようなサービスの利用を推奨するのもいいと思います。お子さんにとっても若い頃からお金の勉強をできるのはとてもいいことです。





2種類のカードの発行が可能



リアルとバーチャルの2種類のカードを発行できる



Kyashは、リアルカードとバーチャルカードの2種類のカードを発行できるのが大きな魅力です。「そんな必要あるの?」と思われる方はいるでしょうが、実は必要なんです!



特に意味があるのはリアルカードを発行できることです。バーチャルカードはオンラインで利用できますが、実店舗では利用できません。つまり、実店舗でKyashを利用するには必然的にリアルカードが必要になるということです。



「それだったら最初からリアルカードだけでいいのでは?」と思われる方が出てくるでしょう。たしかにそのとおりなのですが、バーチャルカードがあることで、アプリ上からクレジットカードやデビットカードで簡単にチャージができるようになったり、カードの管理しやすくなるのです。



ただ、ネット上での決済にしか使わないのであれば、無理にリアルカードを発行する必要はありません。リアルカードは必要な方にのみ発行する形となっていて、自主的に発行手続きをしなければ発行されませんので、その点はご安心ください。





利用上限について



1日あたり5万円1ヶ月で12万円の利用上限



ここまでメリットばかり紹介しましたが、デメリットもあります。事前にデメリットを把握しておけば、納得して利用できると思いますので、デメリットにも目を向けることはすごく大事です。



Kyashの最大のデメリットは利用上限を設けていることです。リアルカードをお持ちの方は1日あたり5万円、バーチャルカードのみの場合は1日あたり3万円を利用上限としています。さらに、1ヶ月あたり12万円までを利用上限としているため、高額の利用には向いていないことがわかります。



つまり、Kyashをメインカードとして利用するのには少し物足りなさを感じるということです。月間の利用金額が12万円を超える予定がある方はKyashをメインカードとして捉えないほうがいいでしょう。



そもそも、Kyashをメインカードとして捉えている方は少ないかもしれません。それでも無条件で還元率2%を実現している点は素晴らしいですし、手数料無料で送金ができたり、審査なしで作れるのは大きな魅力なので、Kyashを決済方法の一つとして加える価値は十分にあります。





Kyashは審査なしだがアカウント制限あり



登録情報に不備があるとアカウント制限される場合がある



Kyashは審査なしで作れるプリペイドカードなので、誰でも作れるのが大きな魅力ですが、日々利用していく中でルールを守る必要があります。



実は、Kyashの一部利用者から「アカウントを制限された」という声があがっています。どういうことなのか調べてみたところ、公式から以下のような説明がありました。


ご登録情報に不備がある場合などにつきましては、お客さまの安全のためにご利用を一時的に制限させていただくことがございます。


ご登録情報に不備があると事前通知なくアカウントを制限されてしまうことがあるようです。登録情報を正しく修正すればアカウントの制限は解除されるようになっていますので、通知が来た場合は対応するようにしてください。



ただし、ご登録情報に不備があり、通知があったのにも関わらず情報が正されなければアカウントの制限→登録解除の処分が下されてしまうので、その点は十分にお気をつけください。





Kyashのセキュリティについて



3Dセキュアやロック機能で万全のセキュリティ対策



近年、キャッシュレス決済に関しては不正利用が大きな問題となっています。某大手コンビニが開発した◯◯ペイはサービス開始直後に不正利用が確認され、多くの方が被害に遭う事態となりました。



こうした不正利用問題が原因となり、キャッシュレス決済=危ない、というイメージがついてしまったのは非常に残念なことですが、各社のセキュリティ対策に厳しい目が向けられるようになったのは不幸中の幸いです。



Kyashはセキュリティ対策として、カードの登録時の本人認証サービス・3Dセキュアに対応しているため、安心して利用していくことができます。3Dセキュアとは、カード発行会社に登録したパスワードを入力することで本人認証を行うもので、VISAやMastercardといった国際ブランドが推奨している本人認証サービスです。



本来、3Dセキュアなどのセキュリティ対策に対応しているのは当然のことですが、対応していないキャッシュレス決済サービスもありますので、この点をクリアしているのは評価できます。



また、スマホで利用できるためスマホのロック機能を利用してセキュリティ対策を行うことも可能です。スマホ本体のロックはもちろん、アプリ単体でのロックも可能なので、二重にロックすることができ、スマホを紛失した際に不正利用される心配も少なくなっています。



さらに、アプリ上のカード情報を非表示に設定することが可能なので他人にカード番号を盗み見される心配もありません。実はキャッシュレス決済の不正利用の犯罪者は身内に多いと言われているので、このような小さな機能でも導入することはすごく大事です。



国際セキュリティ規格PCI DSSに完全準拠していること、保護認証のTRUSTeを取得していることを考えても、セキュリティ面では非常に安心感があると評価できるでしょう。





Kyashの登録方法



登録だけなら2〜3分



まずは、スマートフォンから「Kyash(iPhoneAndroid)」をインストールします。登録料金や年会費、発行手数料はかかりませんのでご安心ください。



アプリをインストール後、メールアドレスと電話番号を登録します。審査のないプリペイドカードなので運転免許証等の本人確認書類を提出する必要はありません。登録だけなら2〜3分程度で誰でも簡単にできます。



リアルカードが欲しい場合は「申し込みフォーム」から申請してください。後日、郵送でカードが送られてきますので、カードが届いたらKyashアプリにカード情報を入力します。リアルカードの発行から受け取りまでは時間がかかりますので、余裕をもって申請してください。



既にバーチャルカードをお持ちでリアルカードを有効化したい場合は、[ウォレット]から、画面右上のカードマークをタップし、[リアルカード有効化]からカード情報を入力して有効化してください。





Kyashのチャージ方法・使い方



カード・コンビニ・ATMでチャージ、スマホひとつで簡単決済



Kyashを使うにあたってまずしなければならないのは「チャージ」です。チャージは、クレジットカード、デビットカード、コンビニ、セブンATM、銀行ATM(ペイジー)から可能です。



クレジットカードもしくはデビットカードからチャージする場合は、事前にカード情報を登録します。アプリを立ち上げ、[ウォレット]→[カード VISA/Mastercard]をタップし、スマホのカメラをカードにかざしカード番号を自動で読み取り、[カード登録]をタップすれば登録は完了です。アプリ上で金額を指定してチャージすることも可能ですし、チャージ残高不足の心配がなくなる自動チャージという便利な機能を設定することも可能です。



コンビニからチャージする場合は、アプリの[ウォレット]→[チャージ申請]をタップするとコンビニの端末で発見できますので、それをレジで支払うことでチャージが完了します。初回のみ、チャージ申請時に名前の入力が必要です。この方法を利用できるのは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK、サンクス、セイコーマートです。



セブンATMからチャージする場合は、セブンATMで[スマートフォンでの取引]をタップし、お手持ちのスマホのアプリから[ウォレット]→[セブンATM]をタップし、ATMに表示されるQRコードを読み取り、アプリに表示される企業番号をATMに入力したのち、ATMに入金すればチャージ完了です。セブンATMの場合、チャージ最低金額は1,000円以上で、1,000円単位でチャージ可能です。



銀行ATM(ペイジー)からチャージする場合は、アプリの[ウォレット]→[ペイジー(銀行)]→金額の入力(初回のみ名前を入力)→[チャージ申請]をタップすればチャージ完了です。銀行ATM(ペイジー)の場合、チャージ最低金額は3,000円からで、残高が3万円以上の場合はチャージできませんのでご注意ください。




オンラインでの使い方



カード情報を入力して決済するだけ



Kyash VISAカードには普通のクレジットカードと同じように16桁のカード番号が記載されています。このカード番号の下に記載されているのが有効期限で、有効期限の右側に記載されているのがセキュリティコードです。そして、下部のローマ字部分がカード名義人の氏名となります。



オンラインショッピングでカード決済をしたことがある方ならもうお分かりかと思いますが、決済は一般的なクレジットカード決済と全く同じです。16桁のカード番号と有効期限、セキュリティコード、カード名義人を入力して、あとは決済ボタンを押せば決済完了です。



ただし、一般的なクレジットカードと異なるのは分割払いやキャッシングができないことです。





実店舗での使い方



カード提示→サインで決済完了



実店舗で利用する場合は、一般的なクレジットカードと同じように、リアルカードを提示し、本人確認のためのサインをして決済完了です。サインが不要な場合もありますので、それぞれのお店の指示に従いましょう。



Kyash VISAカードのリアルカードの裏面には一般的なクレジットカードと同様にサインをする欄があります。サインのないカードは原則として決済できないので(お店の指導方法による)、実店舗で利用する際には事前にリアルカードにサインを済ませておきましょう。サインは漢字でも英語でもどのような形式でも構いませんが、決済時に同じサインを求められるので書き慣れた形式で書くのがおすすめです。



実店舗でもオンラインと同様、分割払いやキャッシングは利用できません。店員さんはカードの種類を瞬時に区別することができないため、私たちがKyash VISAカードのようなプリペイドカードを差し出しても「お支払い回数はどうなさいますか?」と聞いてきますので、その際は「一括でお願いします」と伝えましょう。





クレジットカードの審査に落ちても落ち込むなかれ



信用力が高い人でも相性が悪ければ審査に落とされる



Kyash利用者の中にはクレジットカードを持たない人が一定数います。その中には、持たないのではなく、クレジットカードの審査に落ちてしまって代用として仕方なく使っている方もいます。



昔はクレジットカードの審査に落ちるとデビットカードしか選択肢がなかったのですが、今の時代、Kyashをはじめ、代用として様々なキャッシュレス決済サービスを利用できますので、困ることはそれほどないです。



クレジットカードの審査に落ちるとどうしても落ち込んでしまいますが、何度もクレジットカードの審査に落ちている筆者から言わせていただくと、落ち込むだけ無駄です!



筆者は20代前半の頃に審査に落ちまくりました。もちろん、当時は審査に落ちるたびに落ち込んでいました。でも、あるとき気づいたのです。落ち込んでいても状況は変わらない、と。実際に状況は変わりませんでした。



筆者が何をしたかというと、唯一審査に通っていた楽天カードを使い続けました。クレジットカードをコツコツと使い続け、クレヒス(=クレジットカードの利用実績)を構築することだけに集中しました。その結果、20代後半以降は様々なクレジットカードの審査に通るようになりました。



ショッピングローンを組んでクレヒスを構築するのもアリ



1枚たりともクレジットカードを作ることができなかった場合は、ショッピングローンの利用を検討するといいです。ショッピングローンはローン契約の一種となり、指定信用情報機関に記録される案件となるので、ショッピングローンを利用して計画通りに返済していけば、クレヒスを構築できます。



ショッピングローンというと聞こえがあまり良くないですが、クレジットカードで分割払いしているのと同じことです。例えば、ビックカメラだと期間限定でショッピングローンが36回まで無料となっているので、低負担でショッピングローンを利用できます。



ただし、36回払いのように分割回数が多すぎると完済まで果てしなく長く感じます。2万円の買い物なら4回払いぐらいにすれば、1回あたり5,000円程度の支払いで済むので、このような無理のない計画的なご利用を心がけてください。賢くショッピングローンを利用すれば、しっかりとクレヒスを構築できます。



クレジットカードの審査に落ちる人にはいくつかの傾向があります。最も多いのは、過去に支払いの遅延をしてしまったことがあるパターンです。カード会社への支払いの遅延はもちろん、近年は割賦契約をした携帯料金の支払いの遅れが信用情報を傷つけてしまっているパターン(割賦契約はローン契約の一種なので指定信用情報機関に記録が残ります)も多いので注意が必要です。



また、属性が合格基準を満たさなかったことが理由で審査に落ちるパターンも多いです。例えば、30歳以上を入会資格としているクレジットカードは当然のことながら20代だと審査に落とされます。カード会社の多くは“職業”を重視していることが多く、例えば、雇用形態がアルバイトであるというだけで審査に落とすカード会社もあります。この場合、雇用形態を改善するか、もしくは、アルバイトでも作れるクレジットカードに狙いを変更するのが得策です。



このように、自分の属性に合わせたクレジットカード選びがすごく大事になってきます。自分の信用力は過信しないほうがいいです。当サイトでは「審査の甘いクレジットカード」をたくさん紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。






審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて