審査なしも同然?審査が甘いクレジットカード比較【即日あり】


今、クレジットカード業界で最も知名度が高いと言っても過言ではない「楽天カード」。単純に知名度が高いからおすすめというわけではなく、実は楽天カードを持つことのメリットがとても多いので、多くの方におすすめできます。筆者ももちろん楽天カードを持っています。


楽天カードを手に持った筆者

※現在、デザインは変更されています





楽天市場で利用するとポイント還元率アップ


楽天カードは、通常還元率が1.0%となっています。他社で還元率の改悪が相次ぐ中、通常還元率1.0%をキープしているのは業績好調の楽天ならではと言えるかもしれません。ここで注目したいのは、“あるシーン”で使うと、還元率がさらにアップすることです。そのあるシーンとは、“楽天市場”での利用です。



楽天市場で還元率5.0%に!!



楽天カードを楽天市場で利用すると、還元率2.0%にアップし、ショップポイントの還元率1.0%がプラスされ、計3.0%の還元を受けられます。さらに、楽天市場アプリで買い物をするとさらに還元率が1.0%アップします。楽天ブックス&koboで月1,000円以上のお買い物でさらに還元率1.0%アップし、最大5.0%の還元を受けられます。まさに楽天市場を利用するために生まれたクレジットカードなのです。





入会キャンペーンに積極的なので要チェック


知っておきたいのは、楽天カードを作るだけでポイントをもらえる可能性があること!過去には、入会&利用するだけで5000ポイントもらえるキャンペーンを実施したこともありました。キャンペーン時期によっては7,000ポイント、8,000ポイント、それ以上のときも!



ポイントは楽天市場(ショッピングモールや楽天トラベル、楽天レンタル、楽天ブックスなど)で使うことができたり、電子マネーに交換することもできますので、楽天以外でも使えるのが魅力です。



楽天カードはポイントがザクザク貯まる



楽天市場はとにかくキャンペーンに積極的で、入会・利用特典ポイントのほか、楽天e-NAVI(楽天カード専用の会員ページ)で申請するとポイント付与、リボ払い設定でポイント還元率アップ、ご利用金額に応じてポイント還元率アップなどのキャンペーンがこれまでに実施されています。期間限定キャンペーンが多いので、入会時だけでなく、入会後にもチェックするようにしたいものです。



クリックしてポイント」というページでは、広告バナーをクリックするだけで1広告あたり1ポイントゲットでき、毎月50ポイント前後ゲットできるので、毎月チェックすれば1年で500ポイント貯めることも可能です。「ショッピングで」というページでは、特定の商品購入で200〜1,000ポイントもらえます。「ゲームで当てる」というページでは、くじやクイズ、ゲームで1〜5,000ポイントもらえます。このように様々な方法でポイントをもらえるので、ぜひチェックしてみてください。





電子マネーを駆使してポイント還元率アップ


入会によるメリットが大きいと言われている楽天カードですが、実は入会後の利用方法によってさらにメリットが増すのが楽天カードのいいところです。お得な使い方がたくさんあるので、入会後もお得に利用していただくために、ここでは楽天カードのお得な利用法をご紹介しておきますね!誰でも簡単にできるので、有効活用してみてください。




nanacoへチャージで1%還元 キャンペーン終了


まずやってもらいたいのが、楽天カードを使って電子マネーnanacoへチャージすることです。JCBブランドの楽天カードを使って電子マネーnanacoへチャージすることによって、ポイントがつくようになっています(還元率1.0%)。nanacoは主にセブン系列で使える電子マネーですが、国民年金や国民健康保険、住民税、自動車税など税金の支払いにも使うこともできるので、税金の支払いでもポイントを貯めることができるようになるのです。




楽天Edy+Rポイントカードで三重とり


ポイントの三重とりができるのも、楽天カードならではです。まず、楽天カードから電子マネーの楽天Edyにチャージすることでポイントが貯まります(0.5%還元=200円で1pt)。さらにRポイントカード※を加盟店で提示することでポイントが貯まり(1%還元)、最後に加盟店での買い物を楽天Edyで決済すれば、ポイントが貯まります(0.5%還元)。これがポイントの三重とりの仕組みです。



スマホ決済サービス、Android Payの登録カードを楽天カードにすれば、200円チャージで1ポイント、支払い200円で1ポイント還元のポイント二重とりも可能になっています。



Rポイントカード加盟店はマクドナルド、サークルK、サンクス、ダイコクドラッグ、ツルハドラッグ、出光、ミスド、大丸、松坂屋、ジョーシンなど日頃から利用する機会の多い店舗が加盟しています。今後、加盟店の増加にも期待できます。



※Rポイントカードとは?


Rポイントカードは2014年10月にサービスを開始した楽天グループのポイントカードのことです。今やTカードやPontaカードに並ぶ第三の勢力として注目されています。ネットで100円(税込)で購入できます。アプリでも利用可能なので、スマートフォンをお持ちの方はアプリで利用するのもいいでしょう。



Rポイントカード


Rポイントカードには、通常のRポイントカードと楽天Edy付帯のRポイントカードの2種類がありますが、楽天Edy加盟店で使用した場合でもポイントが貯まる「楽天Edy付帯のRポイントカード」を選んだほうがお得です。



Rポイントカードパンダデザイン



ノーマルタイプ(100円)もいいですが、パンダカードもおすすめです。パンダカードは400円(税抜)しますが、デザインがとても可愛いので、女性に特に人気になっています。



楽天スーパーポイントは、楽天Edyに交換することが可能で、最大5〜10%となるキャンペーン中を狙えば、よりお得に楽天Edyへ交換できます。使い道に困る期間限定の少額のポイントを実店舗で楽天Edyとして使うことができるのは大きなメリットのひとつです。




楽天カードの詳細はこちら





審査項目について 審査難易度について 審査落ち原因の特定方法 クレカの作り方 電子マネーについて